12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2005-11-20 (Sun)
自分って何なのだろうと思ってやまない今日この頃。
まぁそんなこと考えても意味がないけど。

最近いろんなことを思い出しています(その分勉強とかはまるっきり覚えれていませんけど;;)。
小学校のときに行った京都・奈良の修学旅行で夜に泊まった宿泊施設は「本能寺会館」だったとか自由行動でお土産を買った場所は「新京極」だったとか、小学校の5年の時位に大阪に転校していった人が絵とか物作るのとかすごく上手かったなぁとか、中一のときにある友達に出した年賀状には某漫画の「タンノくん」(鯛?鯉?網タイツの。)をどどーんと描いたなぁとか。
なんか懐かしい・・・。ちなみに(※私は「最近」とか「ちなみに」とか「とか」とか(・・・!)「まぁ・・・」とか口癖です)姉にそういうような最近思い出したことを言っていたら「タンノくん」のことについては「いやぁ。そういうところが個性があっていいんじゃない?また、結構ぬけてるようで、トンでた中学時代の○○(私の名前)がいたのも懐かしい」と言われてしまいました・・・・。
・・・・・・「ぬけてるようでトンでた」???
そうでしたかそうですか_| ̄|○
しかも「ぬけてるようで」というところで一度印象の悪いようなことを言って「ようで」で繋いでいるので、もしかして次いいこと言ってくれるのかなぁと期待させたところで「トンでた」ですからね。一度持ち上げておいて容赦なく落としてます。二段攻撃です。
まぁ・・・・・いいけどね。以下愚痴モードなのでご注意を。宜しい方はスクロール。
それにあの頃はそれを許容してくれる人がいたから。だからそんなこともできた。私は結構本来ボケるタイプです。今の高校生活ではツッコミ(というより冷静に対処?)役に自然となってますけど本来くだらない事とか言って「なにそれーw」とか言ってもらうの好きです。常にバカなこと考えてますし。なんで今冗談とかバカなこととか自分の考えてることを正直に言えなくなっちゃったんだろうとか思うとそれはやっぱり自分を出すことが怖くなってしまったからじゃないかなと思います。
今まで自分のどんな行動にもある程度OKを出されていた人間がいきなりNOばかり出される(=否定される)と自分の行動や思考に自信がもてなくなります。また、今までみんながAと言っていて自分だけBを唱えていてもある程度「個性個性。個性があるって証拠だよきっと」なんて思えていても、いきなり個性のある人の集まりの中でみんながCと答えているのに自分だけDと答えていたり、みんながみんな「良い」と思うものが自分には「良い」とは思えない作品や人の行動・思考が多かったりすることが、3年間あまりに頻繁にそしてことごとく起こると、それはやはり「みんなより個性がある」んじゃなくて「自分だけおかしい」ということですし、そうじゃなくても「みんなは共通した”個性”がある(=(一貫している)”才能”がある)」けど自分には「そういった”個性”(=才能)はないんだ」と嫌でも思えます。そうなると今まで「人とちがうことをすること」に自信を持っていた人間は・・・・・。
・・・私は強い精神というか自分を信じきることができなかったので「人の考えに少しでも近づこうと」しました・・・実をいうと。いつ頃からかというと1年生の終わり辺りから。
でもね・・・・・やっぱり駄目なんですよ。そういうことをすればするほど自分がいかに他の人とは違う(この「違う」は「異端」であるとか「能力が低い」とかいう意味で解釈してください)のかを思い知らされます。そして自分を裏切っているような気がして心が痛くなってくるんです。
そんな自分を断ち切りたくなって、たまに見すぎてしまった外部環境に「目を閉じて」自分の感じたままに行動してみます。そのときはとても心地よいのですが「目を開ける」と愕然。自分だけ明らかに違う道(イメージでいう「コンクリートロード」と「獣道」の違いであり明らかな脱線。しかも後ろのほう)を「歩いて」いるんですよ。
誰かは言う。「それはあなたの気のせいだ」。「それは他の人たちが、ある人に合わせている証拠なのよ」。「遅れているなんてそんなことはありません。自信を持ちなさい。」
では何故そんなことを言うあなた達でさえそっちの道にいるの???そして何故そう言い切れる???
自分の中にいる複数の思念は私にささやく。
「間違ってなんているわけない」「深く考えすぎなんだ」「みんなが否定するなら頑張って頑張りぬいてそれを嫌でも肯定させてやれば良いだろう・・・?」「誰か認めてくれる人がいたらよかったのにね」「お前は人に認められないと何もできないのか?人に肯定されないと何もできないのか?」「・・・・でもあなた、肯定されたとしても今更人を信じることができないじゃないの」
違う・・・・!そんなんじゃない・・!私は!私は・・・・・・・・・・・・・っ


・・・・・でここでいつも思考は途切れ、「はぁ・・・・・・・」でまた同じことをして同じことを思って同じことで悩んで同じことの繰り返し。こんなことばっかり3年間の学校生活(+塾生活)で続けてきました。
いっそ自分を信じきるとか、いっそ自分以外のものを信じきることができればまだいい。
結局のところ自分は中途半端な気がする。・・・・ってこんなこと語っても仕方がないけど。(というかまた愚痴記事書いてすみません・・;)
しかも木曜(金曜だっけ?)からテストですしね!これ現実逃避なのかも。
今日・明日辺りに「○美展」のDMリア友さんたちには送ります。
ちなみに↓はその「○美展」のDM表紙(?)と、最近の私の塾での色彩構成課題です。後者は今までの作品に比べると完成度は高かったものですから。(でも条件は上手く満たせていないし評価は散々な結果でしたが)。(DMは一部モザイク処理してあります。一応・・・ということで。)
62.jpg

63.jpg







スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。