123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2005-05-25 (Wed)
↓の日記見た上に物好きな人だけ反転ドウゾb覚悟を決めちゃってください。
事のはじまりは中一の夏休み前。期末テストも終わり、クラスで席替えをした日でした。
まぁ・・・・・・・・お決まりな展開ですけど「とあるお方」とは席がとなり同士に。(笑
そのころは私、当人さんのことを「大」がつくくらい嫌い・・・・というか苦手で、正直「げ・・・・・・・っ!|||○| ̄|_」とか思ってたんですが、当時クラス・・・というか学年の女子人気が高かった某お方の席の隣というのはまわりの女子さん方にとって羨ましいことであったようです。何故私が嫌いもとい苦手だったのかというと、?ちょっと乱暴(?)。恐そう。?入学時に、元そのお方と同じ小学校だった(注:うちの中学は大抵2つの小学校の生徒で占められている)人に「○○(名前)はキレると恐いから近づかないほうがいいよ」と言われた。?目が普通の人より大きくてなんか恐い?少々ナルシスト(?)だったから。の4つの理由からです。
・・・・・・・って深く語ってると長くなりすぎるので肝心なところ以外はしょり(=省略し)ますb(笑
で、その方。すっごく頭がよくて(←某有名進学塾の会報の成績優秀者の欄に本人の文章と写真が載る程)、当然自信家でした。今私が通っている高校は普通科と美術科があって、普通科は県内一の文武ともに優秀者(受験者はほぼ成績オール5《←5段階評価中》)が集うのですが、その「とあるお方」は中一の頃から「俺は○○(うちの高校名)へ行く!!!」と息をまいていたものです。当然学年テストでも毎回(※当時は)一位で、「俺やっぱ頭いいわ」とか自信満々だったのを覚えています。で、話は戻しますが席替えで隣同士になったんです。
時期はテストが終わった頃。よって自然な成り行きではありますが一週間ほどはテストが返却されてきたんですね。当時自分、成績悪かった・・・・。
そして隣(の席)、学年1位・・・・。
ある日放課(=方言で、「授業と授業の間の休憩時間」のこと)中「ねぇ・・・・何位だった?」と聞かれました。凄く私はパニックで(←恐い人だと認識してたしいきなりだったので)、「Σえっ!? あっ!? あ・・・あ・・あ・・頭悪すぎてとても言えない順位だからっ!!!!」と咄嗟に答えました。するとその人は、「ふーん」と興味なさそうに答え行ってしまいました。普通ならそんなことでは絶対に引き下がらない人が、です。まぁ・・・あのときは警戒心バリバリ(←死語?)で話しかけられても触れられてもビクッ!っとしてたので気を使ってくれたのかもしれません。しかし、思い込みが激しいそしてプライドが高い私。こういう風に思ってしまったんですよね・・・。
頭のいい人になら必ず追求するのにされなかった=頭がよくないと思われてる?(否定はできませんがorz)=それ程でもない奴だと思われているに違いない(※当時私は、何をやっても成功する「黄金時代」を歩んでました(笑)
                 プッチン・・・・・・・・(何かがきれる音) 
私の中で何かが弾けた瞬間でした(笑
「絶対・・・・・・・絶対・・・・・・・・鼻の下明かしてやる・・・・・・・・・・!!!!」と心の中で誓ってしまいました(笑
そんな、学年一位に追いつこうだなんて根拠のない自信があったのも、「黄金時代」だったからこそのものです。あの時は本当に、自分に不可能なことなど何もないと思ってましたから。
 そして、きたる夏休み明けの実力テスト。
本当にやってしまいましたよこの人は・・・・・・・・!w
さすがに学年1位は無理でしたがそれまでの『ピーッ』位から(←伏せさせて・・・orz)、8位に・・・・・・bそしてそういうときに限って、やっぱり気になっていたのか順位表をむこうが盗み見。そして仰天。「えーッ!!!!あ・・あなたやっぱ頭よかったんじゃん!!!」
あの時ほど「してやったり!w」と思った日はありませんでしたね。それ以後11月下旬になり席が変わってしまうまで毎回「点数が表示されるもの」は全て、お互い競っていたのでした。
その後は、席が変わっても学年が変わりクラスが変わっても、必ずと言っていいほど私の耳に入り込んでくる「○○(名前)成績順位速報」(←※当人結構口が軽かったので例えクラスが違ってもすぐに何位だったのか聞こえてきた)でチェックしてました。んで、話は少し戻して、席が隣だったときに。授業中手を挙げることはしなかった私に向こうが言ったことが、「なんで挙げないの?」ってことで。「えー・・だって恥ずかしいし無理だよ・・」みたいなことを言っていたら、「無理じゃないって。不可能なことなんて(この世に)ないんだぜ?」と。今思えばクサい台詞だし、相手も自分と同じ「黄金時代」だったことを彷彿とさせるのですが、あの時ほどじーんときたことはありませんでしたヾ(;´▽`A``
まぁでも・・・・・・・・・・その数年後に「現実」を思い知らされることになるのですが。( ´_ゝ`)

こんな感じです(何が?

なんかテストの話から無理やり「あるお方」の話に転換しましたが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・葵さん?もうこれでいいよね?w
もうこれ以上語るのは恥ずかしすぎて無理!!!!////
こんなの最初で最後ですからね!w
いつもROMってばかりに・・・・・・・ (くどくど

あ・・・・え・・・・・・
私信すみませ・・・・・orz 最近ここで私信書くこと多くなってきたなぁ・・・○| ̄|_
では今回はこの辺にて。(←長過ぎダロ…
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。