12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-08-17 (Wed)
【※前回投稿記事の続きです※】
長すぎるため新記事立てました。
今回もとても長い&脱線も多く、自己満足の自己覚え書き的語りとなっているので苦手な方はスルー下さい;;





↓以下本文になります。
④初めて会ったときのことと好きになるまで


お会いする前に、社長から自分の電話番号を聞かれ相手の社長さんを通じて伝えてもらいました。
彼のほうから電話をくれるから、二人で初めて会う日や場所などを話し合って決めるといいと言われました。
立会い人等は当初双方の会社の社長が、私達の休みの日や会う日に同席してくれるみたいでしたが、
私は先日のお見合いサービスのときの経験上初めて対面したときにお互いの立会いの方がいるのはシャイな男性の場合、
その方に頼りきりになってしまい2人で話ができないor話が立会人の方達に話をきかれる恥ずかしさもあってか無難な差しさわりの無い会話だけが続いたり、いつまでも話が先に進まないのもあって、個人的にはまどろっこしいことは嫌いで一番相手のことが早く分かるのは2人で直接話してみることだと思っていたので、(あと、自分の勤務している社長にお見合い相手と話している内容や進行具合等を見られるのも嫌だし割と下世話な話が好きな社長でもあったので絶対に次の日など他の社員に話すと思い少し嫌だった。また、この機会や場を設けてもらっただけでも感謝してもしきれないのに、勤務時間以外にも時間を社長に使わせるのは申し訳ないとも思った)二人だけで合わせてもらえるようお願いをしました。


5月の下旬頃、
仕事終了後家に着くと、夜初めて相手から電話がかかってきました。
私は少し緊張しながら彼と電話をしました。
だいたい10分~15分無いくらいの間だったかもしれません。

その時の彼の電話での印象はというと、
結論から言うと第一印象は最悪でした。

もしもし、から始まって彼と会話をし始めたのですが、
(これは勝手にそう聞こえただけで彼には罪ないのかもしれないけど)まず、なにか声の印象やトーンが下品な感じ??
うまく表現できないのですが、下心ありありなときに出すような声音で、写真を見たときの優しそうな感じ誠実そうな感じからはちょっと想像できないような声だったので少し怖かったりがっかりしてしまったこと、
私が初めて電話したとき、直接会った事も無い・話したことも無い人(彼)に求めたのは『誠実さ』であり(←そもそも「お見合い」という双方の同意の上で成り立っているものだし)、『まじめさ』や『爽やかさ』だったのですが、
彼は始終デレデレしているというか、始終本当にヘラヘラヘラヘラしていて、
考え方が堅くて融通が利かないと言われるかもしれませんが、私の中では、この電話の目的は
『お見合い(もしくは結婚)を前提として双方それだけの覚悟をした上でいる話で、今後”2人で会う”(初めて会って会話する)日を決める為の話し合いのために、(笑ってはいるけど一応は真剣に)電話をしている』というモチベーションで電話をかけていたのに、
まがりなりにも彼は私よりも8歳年上、しかも”真剣に結婚をしたい(←相手は私に限らずできるだけ早く)”と思って電話をかけてきているのであれば、電話の進行や行く場所もかける前に、ある程度少しはそれらしいいくつか候補や話の方向性・自分の希望や意見を頭の中に浮かべてから電話をかけてくるのが常識(もしくは普通)じゃないか・・・?????と思っていたんです。
また、『堅苦しく双方の仲介人をつけるのはやめて、まずは2人で軽くお茶かお食事でも』とは自分の社長にも言いましたしそのことを彼にも伝えてもらっていると思います。でも、一応は『お見合い』であり、『結婚を前提とした会』には変わらないわけで、行く場所は多少静かな場所とかそれほど高くはなくても少し雰囲気のいい場所や多少お洒落な場所や、喫茶店とかに行くものじゃないか・・・?と思っていたんです。そういうのも多少はリードしてくれるんじゃないか・・・?なんて思っていたんです。

話が続かなさそうだったので(←ずっとニヤニヤヘラヘラしてるので)、
自分なりに頑張ってリードしながら場所を決めようとしていたのですが、
「さぁ??w^^」とか「別にどこでもw^^」とか、「わからないw^^」「知らないんでw^^」「なんでもいいですw^^」「ど~しましょうね~www」
みたいなことを連発されて、次第にせっかちな私は『じゃあ一体、この人は何の為に電話をかけてきているんだ!!?』『ホントに結婚する気あるのっ!?!!』と心の中でとてもイライラしてきてしまったのでした。

そして私が無理やり喫茶店を選んでその場所を言おうとしたとき、私の内心に気づかない相手がヘラヘラ笑ながらこう言いました。
『場所全然わかんないし、K(←市の名前で、ともに彼と私の勤務地があるところ)○○○ワールド(映画館)の周辺でいいんじゃないですか~??w』


私は電話を握りつつ、パソコンでその周辺のお店をチェックしてみました。
しかしそこにあったのは、漫画喫茶とチェーン居酒屋(ともにその映画館の系列グループ店ですごく軽い感じの店)しかなく、他の周りには何もお店がありませんでした。
私は『え゛、、、、でも今見てみましたけどあるのって漫画喫茶と居酒屋しかないんじゃない・・・のかなぁ~??♪♪(*^▽^*;;)』
(←かろうじて笑顔はキープしたもののすごく焦ってる)と言いながらどうにか他の選択肢に誘導しようとしました。
でも彼は、『え~、でもそこしか分からないししょうがないよ♪www』みたいな感じで聞き入ってはくれませんでした。
私は心の中で、「(そこしか分からないからしょうがないって・・・!!しょうがなくないでしょ!??!分からないなら他調べたり探したりもできるるはずでしょ・・・?!!!!)」ってすごく信じられなくてがっかりしていました。
どうにか私が、『まだ他にもお店あるかもしれないし、最終的な場所はお任せするのでもっと調べたり探して見て下さい!!!(*^▽^*)b;;;』とお願いし行く場所の話はひとまず終わりました。
そして会う曜日と日なのですが、私は前回の記事で書いたように毎週水曜日のみしか休みが無い状態で、彼は土日休みでしたが、
曜日を決めようとなったところ私が遠慮して(まぁ本当は内心は正直水曜日の日の夜にして欲しかったのですが、いい子ぶったのと、相手が譲ってくれるんじゃないかと期待していたので私がいけないんですが)思わず「いつでもいいですよ^^;」と言ったところ、
彼は何も考えることなく、間髪入れず「じゃあ土曜日で☆( ´▽`)」(←自分が休みの日だから)と言ったのでした\(^0^)/

電話を切ったあとも、私の心の中にあったのは、ものすごいがっかり感と、相手への不信感(←態度発言が本当にヘラヘラヘラヘラしてたので)、正直会う前からもうお断りをしたほうがいいんじゃないかという思いでした。
とても真剣に将来のことを考えているようには思えなかったんです。
私は、相手と結婚へのモチベーションにものすごく格差があるのかな?と思いました。
それか、以前会社で聞いた、彼の社長の口ぶりからすると、無理に結婚したいと思ってない人たちをむりやり写真撮ったりプロフィール書かせたりしたようだし、この人は別に結婚しようとかなんて考えてないのかもしれないし彼達にはそもそも「お見合い」とか「結婚」のために紙を作ったこと自体きちんと伝えられてないのかもしれない、と思いました。

あと、今まで会ったお見合いの男性方は、会う前日の夜などに、改めて場所や日時の確認と「明日はよろしくおねがいします」という挨拶をメールで下さっていたのですが、
彼は初めての電話後一度も、何も連絡ありませんでした。
前日夜になって、会うのを忘れていないだろうかと不安になった私は彼に↑のような挨拶メールを送りましたが、なんと返事はありませんでした。

私は彼は本当に会う気があるのか・・・???
いや、というより

『彼は本当に明日現れるのか・・・!!!???』

という疑問と不安がずっと続きました。

” まさか当日ドタキャンしてきたらどうしよう?????いや、でもさすがに両方の社長同士の約束でお見合いで会ってるんだからまさかそんな失礼なこと・面つぶすようなことしないよね・・・!?!?
あ、でも絶対しないかって言ったらあの電話の様子からするとしないとは言えない;;・・・ていうかするかも;;;バックレとかするかも・・・;;;;;  ”




こうしてすごく不安な気持ちのまま、彼と初めて会うことになりました。





5月末頃の土曜日、私の仕事が終了後(19:00~)、勤務地の着物屋から徒歩3分くらいの場所にある、
コンビニにて待ち合わせをして会いました。
コンビニについた私は、彼らしい人がすでに駐車場や店内にいないか目で探しましたが、どうやらまだ来ていないようでした。
何かを目印等にはしていたかったように思いますが、一応私のほうは彼のプロフィール写真を見たことがあったので、その記憶を頼りに探していました。
店内にいた私は、しばらくして店の窓向かいの外で彼らしきひとが車から出てきたのに気づき、店の外に出ました。
そして彼に話しかけました。

『あ、あの・・・ ○○さん、ですか???』


そうすると彼は、『あ・・・、どうも//^^//』と少し照れながら言い、『・・・じゃあ、行きましょうか』と車に促しました。

私はそのとき、今だから言えるのですが、実は少し引いていて、一瞬少し躊躇していました。
初めて会った彼は写真よりもだいぶ細くて(顔が大きくてあごが大きいから写真だとふっくらした人に見えた)思ったより髪の毛もあった(←失礼;;)のですが、夜の薄暗い中みる彼の雰囲気は少しなんだか怖くて、
しかもお互いの社長公認だから大丈夫とはいえ、夜の暗い時間知らない男の人の車に2人きりになり、その暗い車内の中に自分から乗り込むというのはとても勇気の要ることでした。

今までしたお見合いのときでも、会ったり車に乗るのは日中だけだったし、夜に相手の車に乗るということは初めてでした。


私は相手に悟られないように、覚悟を決めて車に乗ると、すごく緊張しながらも、車の運転中必死に相手に話しかけ、話の共有点を見つけようと心がけました。



しばらく車を走らせると、彼はある店の駐車場に入りました。



そこは・・・・



焼肉店でした。

しかも、・・・例の○○○ワールドの向かいの○| ̄|_



いや、たしかにあのとき言ってた○○○ワールドの系列のお店ではないよ????
漫喫でも居酒屋でもないしね?????
もうちょっと探してみてとはいったよ??????いってさがしてくれたんだよね????
でもさ????????




その隣やないかーい!!!!!wwwwb\(^0^)/(ツッコミ)




思わず私は心の中でひとりツッコミしてしまいました。
しかも自分的には、お見合いの最初の場所が焼肉屋というのは普通ありえない意味が分からないと思ってしまったのでしたw

さらに、男性側からしたら「知らんがな」と言われてしまうかもしれませんが、
焼肉屋だって声とか焼く音などもうるさいし、それだけではなく、
せっかく初めて会うということでそれなりにちゃんとした綺麗な服で来ているのに、焼いてる肉の網から油が飛ぶし
焼肉屋の焼肉などの匂いが全身に染み付くので女の子側からするとちょっと微妙だと思うんです^^;;;



(何を思ってのそのチョイス・・・!?bwwwww)
(”堅苦しいのは無く、まずは緊張せずにわいわいやりませんか?”とかそういうことなのかな・・・??^^)



私は次第にツボに入ってしまい、最初ほど場所が気にならなくなりました。
それに車の中で話しているときから、その人が楽しそうなのかどうなのかというのはいまいち表情では分からなかったので、
これで焼肉屋でさらに1~2時間話してみて相性がいいかどうか分からなかったら、これでお断りすればいいかと少し楽な気持ちになりました。


焼肉屋では、私は普段外食はあまりしてなかったためルールや流れが分からず、
サラダ等取り放題でお肉は注文式・焼くのはテーブル中央のコンロでセルフという形(恐らく普通のオーソドックスな焼肉屋さん)でしたが、ほとんど相手におまかせしました。
相手はあまり自分からしゃべるタイプではなかったので、私自身も話のネタはほとんど無いタイプですが私から話さないとじきに沈黙になってしまうので、頭の中からネタや話題を必死に取り出し一生懸命に話していました。
(自分の経験や過去の小さい頃のこと等を話す→『あなたはどうですか?』みたいに話題を振るの繰り返しで、ほぼ質問攻めのような形に近かったと思います^^;)
焼肉は、相手が全て焼いてくれましたが、私は緊張し、話すのに必死になっていたのでご飯も焼肉も全然減りませんでした。
それでも、相手は何も気にすることなく、私の話を聞きながら、焼肉を焼き続けてくれて、網から焦げないようにふちに置いてくれたり、お皿に置いてくれました。

話はときどき終わり沈黙が訪れましたが、終わると彼が私のほうを見てくるので、私はまた一生懸命話すネタを考え出し、なんとか話しかけました。

ずっと頑張って話し続け、2~3時間経ってきた頃、焼く肉や食べるのも終わりコンロの火も消えたころ、
私はふと時間を思い出し時計を見ると、夜の10時半くらいになっていました。
もう話すネタが出しつくし完全に無いのと、なんだか少し疲れてきていたので、私は彼に、
「あ、もうこんな時間だ。  このあとどうしますか(=帰りますか?)?(^ー^)」 と聞きました。
そうすると彼は「どっちでもいいですよ^^」と言うので、帰りたかった私は、ていのいいキリのいい時間だし、
「じゃあ、そろそろ帰りましょうか^^」と言いました。
私と彼はお店から出ました。


帰りの車の中でも、度々途中沈黙は降りましたが、なんとか話続けて私は勤務している着物屋の社員駐車場まで送ってもらいました。

車から降りるとき、車の乗せてもらったお礼とお別れの挨拶をするため『今日はありがとうございました^^』と相手に伝えましたが、
次に会う約束や、次に会うことを連想させるようなことを言ってしまっては、相手がそうは思っていなかったときや私がそうしなかったときに嘘をつくことになるかなと思い、そういったことはあえて言いませんでした。

私は彼が車で去っていくのを見届けてから、自分の車に乗り込みました。
そのあとハァ~ッと大きくため息をしました。

心中複雑な気持ちでした。
今日なんだかんだ夜初めて会っていっぱい話した気がするけど(正確には私だけが話し続けて質問攻めにしただけな気がするけど)、いやな顔は相手はしてないけど特にすごく楽しそう・笑っているという感じでもないし、盛り上がってたか盛り上がってないかと聞かれると、完全に盛り上がっていなくて冷めてた会話だったとかいうわけではないけど、いまいち盛り上がっていたかどうかは分からない。相手は今日楽しかったのかな・・・?? 正直手ごたえがさっぱり分からない。
このまま自然消滅になるか相手からお断りの連絡が後日来るかな・・・???
そんなことを思っていました。
でも、もし仮にお断りの連絡が来てもそれはそれで良いかなとも心では感じていて、
私自身のなかでも、特にピンとくる感じではありませんでした。
少なくとも会う前の電話のときの嫌悪感よりは全然無くなったけど、
それでも特にいいかどうかは分からない。

なによりその人自身がなんなのかというか、そのとき初めて相手に会って感じた印象は、



「(何を考えてるのか)さっぱり分からない」人



だったのです。




もう連絡こないだろうな~ まぁそれはそれでいいか~なんて考えていたとき、
家に帰って自室に戻るとメールの着信音が鳴りました。


相手からでした。
お断りかな、なんだろなと思いながらメールを見ると、



『今日は楽しかったです。 
    また会えますか??』




たった2行だけ、そう書かれていました。




”楽しかった”って????”アレ”が・・・!??????
(↑ほぼ8割がた私が一方的に話していたし、とても盛り上がったり楽しんでる表情には見えなかった)

ホントにこの人そう思ってるの…????!!


この人のことさっぱり分からない・・・!!!;;;;
あれで良いなら良いけどさ、一体何考えている人なんだろう・・・・!!!!><;;;
ぜんぜん意味分からないよ・・・・!!!!><;;



私はかなり混乱しましたが、それでも変な感じにならないように、
当たり障り無いように、

「私も楽しかったです^^また会えたら会いましょう^^」

みたいな文を送って寝たのでした。


スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。