123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-12-29 (Tue)








 
どれくらい経っただろう? 陽はもう沈んでいた
   君の影見つめては 一人佇んでいた

   いつまでも暖かい こんな晴れた日なのに
   
    星光る月明かり 僕はさよならを告げたんだ



サクラメリーメン『センチメント』より


















































わたしがずっと望んだのは






『勇者』でもなく、



『賢者』でもなく、



『王子』でも   
  
         なんでもなかったのに







わたしがずっと欲しかったのは、


『偉人』でも、
『富豪』でも、



なんでもないのに

















『かっこよさ』でも、


『紳士』でも、


『お金』でも、





なんでもなかった  のに…










『余裕』でも、

『実力』でも、








なんでもなかった。








なんでもなかった…



















わたしが欲しかったのは、







もっと単純なことだったのかもしれない









簡単だけど、

















わたしにとっては…



とても重要なことだった…



















わたしがほしかったのは…   
 

        わたしがほしかったのは…  








一緒に成長をしながら、


ともに歩いてくれる人だった…。





 

























































わたしが笑っているとき、





わたしが本当に笑っているとは 限らない…











きっと…ずっと。  






あのひとは気づかなかったのでしょう。









そしていまも。 これからも、    



きっと。



あの人は気づかないのでしょう。







わたしがずっと、


ずっと長い月日に。







何を、  思っていたのか…。




どう考えながら、  すごしていたのか・・・。











あのひとは、きっと…。









わたしが笑っていたから、      気づかなかったのでしょう。








わたしは何も言わないから、


     ずっと大丈夫だと思っていたのでしょう。








わたしは強いから、



                きっと大丈夫だと思っていたのでしょう。







わたしがへこたれないから、





まだ大丈夫だと、

ずっと大丈夫だと、






きっと思っていたのでしょう。





いつまでも続くのだと、






ずっと思っていたのでしょう。








「悩み」も、


「苦しみ」も、




「偽り」も、



「無理」も、









多分、


わからなかったのでしょう。








そして多分、










わたしたちはきっと、











いつまでも分かり合えないのでしょう。




きっとこれからもずっと、








わたしたちはきっと合うことはない。









お互い理解しあうのは 


一生無理なんだよ。



















































受身を直すこと。


自発的になること。






失敗は 恐れてもいい。

でもここぞというときには、絶対に譲れないときには、


捨て身だろうが恥ずかしがろうが何だろうが、

絶対に譲っちゃいけない。




確実に行動しなきゃいけないときがあるんだよ。





守らなくちゃいけないときがあるんだよ。









自分にとって、守らなくちゃいけないものはなに…?


自分のプライド…?
自分のメンツ…?




”プライド”なんて、そんなくだらないものじゃない。


”メンツ”なんて、そんな小さなものじゃない。




失敗することが怖い?


必死なことが恥ずかしい?



       かっこ悪いとでも思うの?












わたしにとって、




そんなものはかっこ悪くない。








かっこわるいのは、



自分の弱さに向き合うことができなくて、

逃げることしかできなくて、



行動できない人間だ。




行動できずに、かっこつけてる人間だ。




「自分には出来ない。」=「だから無理なんだ」だと、逃げてる人間だ。

             

「無理だから出来るはずない」 → 「出来るはずないからしなくてもいい」と自己肯定して逃げてる人間だ。




「出来ない」のは分かったよ。
「無理」なのもわかったよ。



でもね。
「出来ない」という自己申告は、 



自分の心情や相手への配慮にはなっても

「だから仕方がないのだ」という「免罪符」には絶対ならない。




自分のできないことを理解したうえで、

何ができるのか、自分にできることを考えて行動できる人。


ときに失敗を覚悟でも、 勇気を持って行動が出来る人。





そのとき『一番大切なことは何か』を、考えることが出来る人。





誰かが言ってた。




一番プライドが高い人(=誇り高い人)というのは、


ときに簡単にそのプライドを捨てることの出来る人だと。




本当に誇りが高い人、誇りがある人というのは、



一番の譲れないもののこと以外は、

それを守るためなら


そのときの『意地』や『プライド』、『高ぶり』なんて、

簡単に捨てられる人であると。





そのかわり、「これだけは」というものだけは、


何があっても絶対に譲らない。





そんなひとが、一番誇り高い人であり、





一番かっこいい人だ。













それが出来る人なら、




ひどい花粉症でティッシュが手放せない人であろうが、


涙腺のもろい人だろうが、





なんだろうが、








全く関係ないんだよ。





全く関係…       

 なかったんだよ…( ´ー`)  








































あはは( ´ー`)




わたしは誰に言ってるんだろうね( ´ー`)







自分にかもね^^
















わたしが言えることは  





それだけ。





わたしが今思うことは、






それだけ^^











もう…



もういいんだよ( ´ー`)



















今までありがとう。














ほんとにほんとに・・・・ありがとうね^^
















































さよなら     ^^






































★『Silly-GO-Round』



















…大丈夫。 








わたしはひとりで生きていける。












スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。