123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-03-22 (Sun)


嫌われちゃった…。





何よりも嫌われたくなかったのに、

…一番
嫌われるようなことしちゃった…。



あの人の前ではどんなときも、優しい良い子でいたかったのに。

あの人が笑ってくれるのがその姿ならば・あの人が望んでくれる『わたし』がそういう姿ならば、


この先何も変わらなかったとしても・たとえ都合の良い存在になるだけかもしれなくても、


せめてその「姿」だけでも「望」まれて…

いたかった。



その姿でいることであの人が笑ってくれるのならば、


わたしは、あの人が笑ってくれる姿が見たかったから、笑っていてほしかったから、

そんな形でしか、わたしには無理だと思ったから、





どんなときでも、

せめてそんな・・・・『温厚で、心優しい○○さん』でいたかった。








それなのに。

















一番…見せたくない姿を…

見せてしまった。








あんな姿…


駄目だよ…。











嫌われた…。





わたし絶対…






嫌われちゃった・・・・。

















今はもう、









あの人が怖くて、





笑いかけることはおろか


話しかけることも



目を合わせることも




挨拶することも






できないの…。












怖いの…








すごく怖いんだ…










あの人がねわたしを…





わたしを…どんな「目」で「見る」のか見るのが怖いの…。











多分絶対軽蔑されてる…




嫌な女だって思われてる…




やっかいで、関わりあいたくないって絶対思われてる…。




それか気持ち悪くて、絶対怖がられてる…。







怖いよ…。











すごく怖いの・・・・・・。



































































何も…望んでなかったはずなのにね。






「笑っていてくれればいい」…


それだけのつもりだったのにね。











それ以上望んじゃいけないのに、

欲深いわたしはどんどんあの人をまた求めてしまって




ニコリとしてくれるだけじゃ、物足りなくなって、






愛してほしくて






でも愛されるはずなくて。














誰より「めんどくさい」女になりたくなかったのに、





もがけばもがくほど、

誰よりも
何よりも


…「めんどくさい女」になって












嫌われるのを一番恐れていたのに、


愛されないかもしれないことよりも、幻滅されてしまうこと・嫌われてしまうことを一番恐れていたのに、







嫌われることを恐れるあまり・愛されてないかもしれないことを恐れるあまり、





不安になって


心が不安で耐え切れなくなって








…「暴走」して










自ら一番嫌われる姿をあの人に見せてしまった。












「愛」をあの人に望んではいけないと、分かっていたのに


もう望んだりはしないと、心に決めていたのに










欲深いわたしは、


いつしかそんなことを忘れて、






愛を求めて



あの人はあの人なりに「愛」を私にちゃんとくれているのに、




もっともっと、愛がほしくなって







愛がほしくなればなるほど、




「愛」なんていう不確かなものに、「証拠」がほしくなって。


数学の定理みたいに、「こうされている」…から「つまり私は愛されている」というアカシが欲しくて。





でもそんなの、


あるわけなくて。




不安になって







不安を埋めるように、



愛がほしくなって。







わたしがあの人を想うだけと同じくらいの、


『愛』が同じくらい ほしくなって。









心の奥隅にあった小さな不安は、



自分でも気がつかないうちに、どんどん大きくなっていて。




でも、それに気がつかなかったのか・それとも気がついていたけど、気がつかないフリをしてごまかそうとしていたのか、


私は「明るく振舞うこと」で不安を消そうとしていて。




いつしか、

私が「明るく振舞えば」、


あの人も笑ってくれるんじゃないか?



「くれるんじゃないか?」っていうより、

「くれる…はず」、




私がいつでも明るく振舞っていれば、


あの人はきっと笑っていてくれるから、


私とはちがう「愛」だけど、


それでも私に『確かな』愛をくれる”はず”だから、




だから・・・・。








って…。



























でも…。
















3日前…急にね、





あるとき急に怖くなってしまったの。






何か特別変わったことがあったわけじゃない。






それでも無理やり、きっかけとなるものを考えるのなら、

その日の前回、あの人が急に帰ってしまった日から…なのかな。






心に何か、「(トクン…)」とほんの小さなひっかかるものがあって。




それを打ち消すように、
 
ごまかす様に、



わたしは


その次のとき、




とても明るく振舞った。





明るく振舞えば、


あの人も同じだけ明るく笑ってくれるんじゃないかって、





明るく笑ってくれれば、

その前回の「不安」も、


全て『帳消し』になるような気がしたの。




「気がした」というか…





すべて『 帳 消 し 』にしたかった の…。
















・・・ごめんね。
ちょっと時間なくなっちゃった。

自分に勇気があったら、今日の夜に続き書くね。
どうして暴走しちゃったのかとか、何を悩んでいたのかとか、どう思っていたのか…とか、


もし今日の夜、バイトから帰ってきて、

冷静な精神状態でいられていたら、
頑張って思い出して、かこうとおもう。




一応先に
音楽だけ貼っておくね。




★『星座』




そしてね、いつしかまた相手に望みすぎていた自分に気がついたの。





相手にのしかかって、依存して。。。
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by nishi
良い歌だねv-222
歌詞がとっても綺麗で、感動したよ!!

相手にのしかかって依存することは、
そんなにいけないことなのかな~?
自分の周りにも、そういう人結構いるよ。

厳しいこと言うけどさ、
自分に対する相手の評価は相手が決めるもの
なんだから、勝手に自分で悪い方に
決めつけて、勝手に落ち込むのは
いかがなものかと思うよ。

自分が決めつけた相手の評価を受けて、
「直さなきゃ」ってプラスの方に
思ってはいると思うんだけど、
それがドンドン悪い方悪い方
に行ってて心配だからコメント書いてみました。

* by 鴬李(かんりにん)
nishiさん

コメントありがとうございます(^^)


>『星座』

とても綺麗ですよね~^^
でも出典先は… 
 
  ゴホンッゴホンッ(゚∀゚)


>相手に依存するのはそんなにいけないことなのか

うー… 
どうなんでしょう。

なんとなく自分的イメージとしては、
相手に「甘える」のはいいけど、相手に「依存する」のはNGな気がしますです。。

「甘える」っていうほうにも限度はあるのですが、
「依存」は相手にそのひとが本来背負っている「もの」だけでなく自分のものも背負わせてしまうようなイメージというか、
とにかくその人に精神的にも身体的にも負担をかけてしまう行為であると思うんですよね。
相手にも申し訳ないし、自分でもそういうことを自分が相手にしているというのが許せないんです^^;
それに私の場合、自分に甘いから一度依存し始めたらストッパーがかけられないと思う^^

あと、自分的には、
愛する人がいたら、私はその人の『力』になりたくて、
その人のことを助け・その人のことを守り…
その人の役に立てる存在でありたい。

相手に「のしかかって」いては、『力』にはなれません(´v`)
それじゃ『力』になるところか、『お荷物』になってしまうとおもうんですよね^^




もちろん、
相手に甘えたり守られたりするのも私の望むことで理想のひとつではあるんです。
窮地を救ってもらったりだとか、いわゆる「騎士(ナイト)」みたいな存在にもシチュエーションにも憧れます(*゜ー゜)

でも、ずっと守られてるだけじゃ嫌で、
私、…たぶんきっと、
大人しくしていられない 笑
   


助け助けられ、守り守られ、お互いを高めあったり支えあいながら二人で一緒に頑張っていく…

そんな関係でありたい。


わたしは多分きっと、

好きな人についてゆくのが夢なんじゃなくて、
好きな人と一緒に歩いていくのが夢だと思うんです^^

好きな人の後ろを歩くのが好きなんじゃなくて、
好きな人の隣を手をつないだり・並んで歩くのが好きなんだと思います。
隣もしくは…「半歩」後ろかな(*'∇'*)

「一歩」じゃなくて、「半歩」…なんです(*゜ー゜)




まぁ…そういうこと言ってると、大抵は
『可愛くないヤツ』とか『下がっておけば良いものを』とか『大人しく黙って守られてればいいのに』とか言われてみんな引いてっちゃいますけどね♪





とにかく、
「依存」は、ほかの人はしていいかもしれないけど、
少なくとも、
自分はしちゃダメなんです(o・v・o)

「依存」とか、
”カワイイ”子ならしていい(許される)けど、
私はそういうキャラじゃないんで^^ 
駄目です(*゜ー゜)b
ていうかただでさえ自分はマイナスポイントしかないのに、『依存』までしちゃったら私…もう本当に救い様がなくなっちゃう 笑


一応この件に関しては最近ブログに書きたいなぁと思っていたので、
また機会があるときに自分の「変にこだわってること」というか勝手な信念とか恋愛観みたいなものを改めて詳しく書けたらいいなぁと思っています^^



>自分に対する相手の評価は相手が決めるもの

頭ではわかってはいるんですけどねー…
でもなかなか…^^;


>勝手に自分で悪い方に決めつけて勝手に落ち込むのはいかがなものか

「昔のトラウマがあるから」っていうと言い訳かもしれないし逃げかもしれないけど、
なんかもう駄目なんですよ^^
人を信じるのが^^  「良い結果」を信じるのが^^

そして…「自分」を信じるのが(^∇⊂)

ほんの少しでも不安なこととか心に引っかかったことができると、それはものすごい速さでどんどん増大していって^^
心が「不安」と「恐怖」で埋め尽くされてしまうんです^^
一生懸命止めようとしても止まらないんですよ^^

止めようとしても止まらないどころか、『ソレ』は私に凶器を持って大人数かつ物凄い勢いと形相で追いかけてきて、
私に『死ね』とか『早く落ちろ』みたいに攻め立ててくるんです^^
その中に、「相手」の姿もあるような気がしてくるんです^^;


そしたらもう、
心のなかが脅迫観念に駆られてしまって、パニックに陥っちゃって、何も考えられなくなって、
まともな状況判断もできなくなってしまうんですよ^^;



そうなっちゃう前に、
それを食い止めるため、初めから悪いほうにとっておいたり
普段から自虐る癖がついてしまいました^^
自虐っていれば、常に自分に冷水を浴びせておけれるし、「ストッパー」にもなるかなって^^
常に「冷静」(?)な自分をおいておければ、
たとえ突っ走っても、突っ走りすぎることはないかなって^^
舞い上がりすぎることはないかなって^^
…”突然の事態”に、傷つくことはないかなって。






おかしい子というか、…メンヘラな子でごめんね(*゜ー^*)

自分のしてる行動が良いことだとか正しいことだとは決して思わないけど、
少なくともいまの私にとってはこの方法がいまの「自分」を支えれる唯一の手段であるので、適当にスルーしたり適度に受け流しておいて下さいな(^^)

私のこと心配してくれてありがとうございます(^^)
気をつけたいと思います^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。