123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2007-10-30 (Tue)
君の癖はとぼけ顔で 僕にとっては花のようだなぁ

キラキラ君はキレイだ メロメロ僕はメロメロ 

いろいろ愛は見事だ 言葉はいらない 




君の知性はノスタルジックで 僕にとっては母のようだなぁ

キラキラ君はキレイだ メロメロ僕はメロメロ 

いろいろ愛は見事だ 言葉はいらない 


君はベリーグッド ドマンナカだ


スムルース「ドマンナカ」より~




キミ独特の心意気と キミ独特のウ音便が

狂おしいほどステキなので ボクは日々是メロメロ



それでどうなった 恋の大作戦

それでどうなったかって 夢心地


それでどうなった 恋の大作戦

恋は思案の外ですな シャラララン(セイ イエス)







スムルース「ダイサクセン大作戦」より



=================================
別に報告する必要性はないと思うけど一応自己満足チラ裏勝手に。


なんか事態が急展開してしまった。



















なんか最近恋についてぐちゃぐちゃしていて。

自分の醜い部分やずるい部分・弱い部分・人に甘えの部分も出て。










いろいろと考えた結果 自分なりの結論。





やっぱ


『恋を忘れるには恋しかないだろ』 と。






浅くはあるけど自分の今までの経験上恋を忘れたり乗り越えるには新しい恋をする他なかった気がする。


それに、いつまでも未練たらしく追っかけていても何も進まないなと。



自分も惨めな気持ちになるし、




相手も恐らく困るだろうしね。





その人ばっかりしか見てなかったら、 チャンスも逃すし。







うじうじしててもしょうがないなと。






もっと他の人に目を向けてみようと。











というわけで、



今までの人以外に新たに恋をすることにしました。





とはいっても、


「じゃあ今から新しい恋するか!」ってそんなまるで「今から●●行こう!」みたいな急な思いつきで行動みたいにできるものじゃないなとは思ってたのですが、




が…












なんか、恋してしまったみたいです。


何でかよく分からないしまだ気持ちもはっきりしてないんだけど。



今のところ「恐らく」です。
でも、次のときに気持ちが確定するかもしれない。



自分でも変化についていけてません。







■お相手なんですが



ミスタードーナツのお兄さんです。




憧れというか一目惚れというかなんというか。



あーもう。思い出すだけでドキドキするorz



今のところ素性とか全く分からないので雰囲気やイメージでのみの情報しかないのでいい加減なんですが、


なんか、イメージだけで言うなら

「私の理想」 


という感じ。


だから、「憧れ」程度で終わるかもしれないし今のところはよく分からないのだけど。


それはさておき、その「理想」っていうのを含めてその御仁がどんな方だったかというと、

・眼鏡
・黒髪
・色白
・体格はいいのになんだかスッキリしてる身体
・大きくてゴツゴツした手なんだけど血色が良い
・優しい瞳
・穏やかで優しい雰囲気(まとう空気がとても柔らかい)
・爽やかで清潔感がある
・ほのかに知性を感じる
・誠実な感じ
・イメージ… オタク⇔バンプ等のバンドとか好きそうな弱インテリ系
・恐らく私服は、お洒落というわけではないが最低限気を使っているor大人しそうな服装を着用してそうな感じ
・背は高め
・やさしいお兄さんタイプ(「こっちこいよ」っていうよりは「おいで」とか「きて」って言いそうな感じ)
・年齢はタメか年上で同じ大学生位


そんなお方で。

自分が本来好きなイメージだった「黒ぶち眼鏡でポロシャツでスキニーでお洒落な~」っていういわゆる神経質系インテリのイメージとは全然違うし、一目ぼれでありがちな典型的イケメンかっていうと(自分のこと棚に上げてるしとても失礼なことだけど)それもまた違う気がする。








会ったのは土曜日なんだけど、その日はたまたまドーナツの100円の日で。

いつもはミスド(含む飲食店)はあまり行かないのですが、たまにお母さんへドーナツをお土産にすると喜ぶので今回もそれで買っていってあげようかなと思ったのがきっかけでお店に入りました。


そのときはその人のことなんて全然気がつかなくて、ドーナツどれがいいかなって選んでました。


そうしたらいつもはオールドファッション系は選択外のはずなのに何故かハニーオールドファッションが目に付いた途端気になって。
今思えばそのときからなんかおかしかったのかもしれない。

そのドーナツは残り一個で、少し(本当に気にならないレベル)かけていてかけた小さい部分が近くにあったので、何も気にせずかけらともトレーへ。

その後エンゼルフレンチもトレーに入れ、レジに並ぼうとして(いっぱい人が並んでた)不意に店員さん側(レジは3つで、その奥では他の店員さんがドリンクとか作ってた)を見たら3人のレジのうち1人のその眼鏡の人を見た瞬間「ドキッ」とは違うんだけど何だかじわーっと不思議な感覚がして目が離せなくなって。

(自分のこと棚に上げて再び失礼なことを重ねるけど)その人はやっぱり別段かっこいいとかいうわけじゃないのに、なんかすごく気になってぼーっと見ていました。




どんどん前の人の会計が済んでいって、自分の番が近づくにつれて次第に「(あの人にレジ《会計》してもらいたいなぁ…)」って思うようになり、ドキドキしながら順番を待っていました。
ついに自分の番になろうとしたときに、ある程度一定だったレジの順番が狂い、その男の人のレジと他の女の人のレジの2箇所が同時に空きました。
咄嗟に心の中で「(神様あの人のレジにして下さい…っ)」って思ったら偶然にもその男の人が「こちらへどうぞー^^」って言ってくれたのでその人のレジに。



会計を済ませようとしてるときに、その店員さんがふとハニーオールドファッションがほんの少し欠けていることに気付き、少し焦った感じで「新しいものにお取替えしますね^^」と言ったのですが自分はまさか交換してもらえるとは少しも考えてなかったので(真っ二つに割れてるとか思いっきり崩れてるわけじゃなく今回のは『くずれ』にも入らないようなとても小さなものだったし、そもそも自分はそういうの全然気にならないタイプだった)「え…??」という感じで驚いていたらそのうちに店員さんは「ちょっとお待ち下さい」とスマイルを浮かべつつドーナツの棚のほうに行きそのあとすぐ奥の方へと。
その後小走りで戻ってきて「すみません;只今同じものが出来上がってないのでもし宜しければ他のドーナツとお取替えいたします…;」と深刻そうな感じで言うので「え?? あの、別にこれで全然構わないですので(^-^) 気にならないのでいいですよ^^」みたいな感じのことを両手の手振りのジェスチャーを中心に言ったら「ちょ、ちょっとお待ち下さいね^^」と再び奥のほうへ行き厨房(?)の人に何か頼んでいる模様。
その後1分後
その人は「お待たせしましたΣ」と出来立てのハニーオールドファッションを持って戻ってきてくれました。


もしかしたら交換とかこういうのは店側からそうするように教えられているのかもしれないけど、
それでも、他のお客さんまだ少しいるのにしてくれたり普通だったら(少なくとも私だったら)お客さんが「そのままでいいですよ^^」って言ったら「あ…; すみません…恐れ入ります;;」って感じにその受け入れに早々に応じてしまうと思うけどそうしなかったのが少し嬉しかった(?)。


その後、
袋詰めをしているときに不意に手を見たら自分の理想そのままの手で少し色っぽくてドキッとして、ふと店員さんの顔を見上げたら綺麗なまつ毛が揺れてるのが見えて少し見とれつつドキドキしているうちに終わりへ。




店を出たあともしばらくはドキドキは止まりませんでした。












それで、

今に至ります。




今は

その人にもう一度会いたい。

仲良くなりたい。

もっと好きになりたい。

私のこと好きになってもらいたい。



というような
恋のようなあこがれの様なそんな複雑な気持ちを抱いてます。





けど、
分かっているのは土曜日の午後は働いてるらしいっていうことと雰囲気・名前(Oさんです。咄嗟に名札みて覚えてしまった)だけ。

そのミスドは家から遠い某駅にあり、その日は大学祭の当番の帰りだったから寄れたのですが本来土曜日は大学は無いので行く機会がない。
しかも他は何曜日の何時にシフト入っているかも分からない。
次いつ会えるか分からない…。
普段は何をしている人(例えば学生なのかとかそうだったら何の勉強しているのかとか)なのかも分からない。
彼女いるかいないかもわからない。


本名だけは知っているのでワラをもつかむ気持ちで駄目もとでミクシィで探してみたけど見つかることも無い。
そこの店舗のミスドのコミュ(従業員用)はあったけど本人らしき人は見つからず。



2chで店員さんに恋しちゃった人用のスレを発見したりしていろいろ読んで見たけど、
自分にできることといったらあとは
その人がいるときを調べて 通い詰めて、顔を覚えてもらい次第に少しずつ雑談をしていったりして仲良くなっていくか
いっそバイトでそこに入っちゃうか
くらいしかない。

前者は時間と費用がとてもかかり根気がいるけど、
後者はそれが無いし一番手っ取り早く相手に接近できたり情報が分かるけどその代わり一度入ってしまったらそのあと「彼女いる」って分かったらどうしようもなくなってしまう。



まさかいきなり「仲良くなってください」(「あなたのこと好きになりました」「メル友になってもらえませんか?」他)とか突撃するわけにもいかないし。





どうしよう…。





_| ̄|○|||
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。