12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2007-01-23 (Tue)
センターも終わり、いよいよ残すところ私大入試と国公立大入試となりました。

現在多忙につきメールや拍手コメント等の返事が遅れているのですが現在の分はすぐ返しますので今しばらくお待ち下さい;

あと、これから先もっと遅れると思うのですがご了承下さいませm( _ _)m

■気がついたら知らぬ間にスムルースのニューアルバム出てました。

しかも今年の元旦に。


そしてタイトル、

その名も
「百万枚突破!!!」

前回のアルバム「ドリーミーワームホール辞典」の時のテーマは「孤独」だったけど、
今回のテーマは「幸福」。

CDショップにて置いてあったフリーペーパーによると、

"「100万枚突破!!!」という冗談のようなタイトルも、100万枚のセールスという(一般的に)幸福の価値を示す一方、これまで売り上げ枚数=自分の価値だとしていた自身へのアンチテーゼである ” とのこと。



「一人の人が、例えばこれがきっかけで人生が変わったりとかもあるんですよね。一人の人でもいいから関われるのは、100万枚突破してるのと同じじゃないかって。そういうことに気付いたのが大きい」

ふむふむ…。

でも、もしかしたらこの思考ちょっと危なくないか…?。。。(深読みしすぎ?)

■センターの過去問をやっていて読んだんだけれども、太宰治の小説で少しだけ今の自分に共感できる文が。


「私が兄達に許されているのか、いないのか、
もうそんなことは考えまいと思った。
結局は私が、兄達を愛しているか愛していないか、問題はそこだ。

愛する者は、さいわいなる哉。

私が兄達を愛して居ればいいのだ。

未練がましい欲の深い考えかたは捨てることだ」




立場を少し置き換えてみると、今の心境のうちの一つはこれと同じかもしれない。



あと、これは去年過去問解いてたときから気になってた文なんだけど、
違う小説で、


「たとえ、そうなったって……生きることって結果ではないじゃないの、償われなくたって報われなくたって自分がいいならそれで結構じゃないの」



「わかったわ、だからポーちゃんは日本に帰ったんでしょう。ポーちゃんは何かに報われなければ嫌だったんでしょう」という女の人の台詞があって、少し考えさせられた。



私の立場というと、女の人のほうではなくどちらかといえば「ポーちゃん」のほうだ。

口では(文では)奇麗事を言っていても最終的には私は、自分のすることが何かに報われないと・それが何かによって償われないと嫌なんだきっと。
そして、その報われるとか償われるっていうのが、私の場合「いつにこうなる」とかある程度具体的に見えてこないと恐いんだと思う。
もともとこの話は美術を志してパリへと渡った二人の兄妹(だから「ポーちゃん」は兄のほう)の話なのもあって毎回読むたびに考えてしまう…。




■そういえば今回のセンターでは国語の問題は現代文・古文共に恋愛の話だったんですが、どちらも私的萌えポイントを突いてましたね…。


書道家のほうもイメージを想像して萌え、

中納言(だったかな?)さまと元お姫さまの運命の悪戯にも


滅茶苦茶萌えてました。。。



だってあれは…ねb


ちょっとクサい程度(ただし胡散臭くなったりわざとらしいのはNG)が私には丁度いい(?)




■そういえば、私が個人的に好きだった某ゲームにて、私の大好きな花屋の店員さん(攻略対象)が主人公に対して、



「人生は 波瀾万丈先行き不透明。 だからこそ、生きる意味がある。 違う?」




という言葉を残していたことを最近思い出しました。

このキャラ自体はわりと女性好きで普段もおちゃらけてて少し軽い感じがする上ルックスも好みのタイプではないので2次元では本来はあまり好きにならない(あまりプレイとか攻略しようと思わない)タイプなんですけど、このキャラだけは例外だったりしますね。

最後のほうのシーンで、

普段おちゃらけて冗談ばっかり言ってるのに、すっと真面目になって(もともと昼⇒趣味で花屋経営 夜⇒密かにコンピューター系会社社長とかいう、設定自体はともかくとしてもメリハリとかができてるキャラなのもあり)


「いい加減にしてくださいっ」と言った主人公に対して)


「いい加減にするのは君のほうじゃないのかな」




「全部冗談にしちゃったのは君なんだよ?」


とか言った日には悶え死にそうになってましたね。



まぁ…結構好きだったのに最後に


「君という花を咲かせたいんだけどいいかな?」

「君という花を潤わせるにはどうしたらいい?」

という台詞が画面に表示されたときは




…流石にちょっとだけ引いてしまったのですが。


そこでその台詞はないでしょーっ;みたいな。


花屋っていう設定だったのはこの台詞が使いたかったからなのかな_| ̄|○








最近やってない…(他含む)。
受験終わって落ち着いたらまたいろいろやってみようかな・・・。
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。