12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-09-02 (Sat)
知人と3人で朝から行ってきました~

朝大体9時半位に家を出て、電車に乗り、地下鉄に乗り換え「いりなか」駅で降りたあと徒歩10分…

マウンテンに到着b

mauntain.jpg



この目で直に看板を見る日が来るとは…w

少し感動してしまいました(゜ーÅ)


友人二人を後ろにランランと足をすすめる私だったのですが…


まさかこのあと地獄を見るはめになるとは夢にも思いませんでした…=□○_


ハイ、えぇ… すばり

「遭難」しました('A`)


「山」の恐ろしさを身をもって体験してきたよ…!(((( ;゜Д゜)))



以下ちょっとしたレポ↓


======================

看板を見て感動するのもそこそこに、店の中に入ることに。


入り口のドアに向かう前に、厨房の勝手口みたいなところからマスターさんらしき人と目が合いました。
なんか眼光がキラッとしたような気がしたのは気のせいだったのでしょうか…。


キィィィィィと音を立てながらマウンテンのドアを開けます。


中に入るとまず先客の方々と目が合いました。

なんだか、テンションが異常な人もいれば、青ざめたようにもくもくと食べてる人、水のコップを眺めたまま暗い顔をしてる人、血走ってる人、いろんな人がいました。

思えばあのときにヤバさに気付いておくべきでした…。


3人とも普段あまり喫茶店には行かないため、少しおろおろしていると
カウンターの方から爽やかな顔をした優しい風貌の男性店員さんが。

爽やかな店員さん:「(お盆の上にコップを載せながら)空いてる席のお好きなところへどうぞ~ (^ー^)」


わぁなんだろうこの清清しさと爽やかさ…( ´∇`)

店内は怪しい雰囲気と不思議な空気に包まれているんですがそれを一瞬で打ち消すような爽やかさに3人ともほわーっと( ´ー`)

例え木の腐ったような異臭がしようが

その店員さんのいる真横で涙目になりながら食べてる人がいようが

すべてを気にしなくさせてくれるようなそんな感じでした。



一応写真をいろいろ撮りたいなぁと思ったのでカウンターから一番離れた奥の席に。

相変わらず変な異臭は続き、店内のBGMも妙に爽やかで不思議な空間だったのですが、「はやく食べてみたい」という期待がそんなことは気にしなくさせてくれました。


やがてその爽やかな店員さんが微笑みながらお水とお品書きを持ってきてくれたので、メニューから選ぶことに。

予め何を頼むのかは打ち合わせをして決めていて、
マウンテンは一人最低一品が原則なので

2品まともな味(救い系メニュー)のメニューにし、
1品を甘口系の不思議メニューにし、
3人で少しずつ食べて完食を目指す…という風に決めていました。


甘口系は、3人での話し合いでどういう結論からそうなったのか「オグラ丼にしようよ!」ということになったので、ネット上で調べた値段と同じか一応お品書きで確認しようと思ったのですが…


何故か「???メニュー」の欄が無い('A`)
もちろん「オグラ丼」も無い('A`)

早速アクシデント発生か…っ!?と思いきや、まずはあるかどうか聞いてみてはどうだろうという話になり、例の爽やかな店員さんがメニューを聞きに来たので、聞いてみることに。

友人1「あのー、オグラ丼があるって聞いて来たのですが…」
私「えっとオグラ丼ってありますか…??」



爽やか店員さん:「えっ…?w( ゚∀゚)・、´;、:´、」



メニューを聞きにきてくれたときまで極めて爽やか好青年だった店員さんがいきなりプッと吹き出しました。

爽やか(?)店員さん:「あ、ありますよ…っ?w(  ̄∇ ̄)」


友人2:「??? えっとではお願いします^^(←まだ3人とも注文した物の恐ろしさに気づいてない)」

爽やか(仮)店員さん:「よ、よろしんですね?w( ̄ー ̄」
私:「??? はい」

そのあとオグラ丼の他に、エビピラフスペシャル(?)と、フレサラ(?)を注文し終え、その際始終ニヤニヤしてた爽やか(だった)店員さんが戻っていったあと料理を待つことに。

カウンターに戻り、マスターに注文メニューを読み上げるときにオグラ丼だけ笑い声が混ざっていたのは気のせいではないと思われます…orz



料理を待っている間、キョロキョロと辺りを見回していたのですが興味深いものを発見。

mauntain2.jpg


店で流れてる曲のCDなんて欲しい人いるのかなwww

しかもポスター付きで1500円www





その後どうなるかも知らぬまま、小声でキャーキャー言いながら喜ぶ3人。

あのときが一番幸せだった気がする…('A`)


やがてしばらくして、料理が到着。

オグラ丼も到着しました。
こんなの↓


ogura.jpg




他の料理を見ながら友人一人がぼそりとある言葉を…。

友人2:「なんかさー…ちょっと量多すぎない??


なんかね、一皿の量が、明らかに一人分じゃないんですよ。どちらかというと1.5人前から2人前という感じ。


自分達の頭の中では、
「一人前」×3=三人前、一つのメニューを3分の一ずつ消費すればよい
と思っていたのですが・・・

マウンテンの「一人前」は「もはや一人前なんかじゃない」ということを忘れていた…。


「ま、まずはさ、食べてみようよ(゚∇゚;)」ということになり、友人二人がまず救い系料理を、私がオグラ丼をということになりました。



恐々スプーンで中のイチゴ(シロップ)ご飯からすくって食べてみたのですが…


ん?一瞬違和感は感じたけどそれほどひどくない…??むしろ食べられそう…??


友人達の方も、救い系料理を食べながら「普通においしいね~^^ 口コミで言われてるほどひどくはない気がするー」みたいなことを言ってました。

小倉の量は多すぎる気もするけど、パインは冷たいしイチゴご飯の部分は小倉の量に比べるとそんなに多くない(注:このときからもうマウンテンの魔法にかかってしまっていたと思う)気がするし食べられないような味じゃないから完食できるかもなーって思っていました。

途中熱々のイチゴご飯の下にほっかほかで溶けかけちゃってるキウイを発見したときは少し驚きましたが^^;

ogura2.jpg


結構順調に食べていたのでした。

このあと事態は急展開_| ̄|○|||


きっかけは友人のある一言から。


「…なんかさー、初めはおいしいと思ってたんだけどさ…ちょっと重くなってきた;;」


…これなんですよね。

初めはまだいいんですよ。
最初の一口目から不味いと思う人は多分いないと思う。
多少変な味がするとか違和感がするっていうのはあるかもしれないけど、大抵の人は「まぁでも不味くはないしね」っていう感じで食べ続けるんだと思います。

でも、段々きつくなって来るんですよ。

なんというかね、味付けがまず重い。
そして大量の油で炒めてあり、油がしみこんでるから更に重い。
そして、「店長の気前のよさ」で、トッピングが益々重い。
そしてなにより…その「重い」料理が、お皿の上に大量に載せてある_| ̄|○

一口二口は平気でも、だんだんと地獄がやってきます。。。('A`)


7口目位だったでしょうか、初めは興味本位で食べられたはずのイチゴご飯がつらくなってきました。

上に載せてある小倉とかパインを一緒に食べても状況はよくなりません。
むしろ甘いご飯に更に甘い物を加えることで、一層つらくなります。
「デザートは別腹。デザートならどれだけでも食べられる」という人をよく見ますがとんでもないです。
甘味も一定量を超えると悲惨です。…危険です。

そして、最下層を食べてるときに、食欲を減退させる理由が分かりました。

これ(=イチゴご飯)…何か体に重いなぁと思ってたら…



油で炒めてあるんだ…('A`)

イチゴご飯として炊いてあるだけかと思ってた…orz

しかも大量の油を使用してるみたいでギドギド_| ̄|○|||
そしてその吸収しきれなかった油が…底に溜まってる_| ̄|○|||

イチゴご飯の油和えみたいになってるよ…!!!・゚・(つД`)・゚・

食べ途中の状態をアップするのはさすがにグロいのでやめますが、
本当に凄かったです。。。

小倉(もしくはパイン):イチゴご飯=9:1
になっても駄目なものは駄目で…。

私はもともと嫌いな食べ物って殆どないからよく分からなかったのですが、よく好き嫌いが激しい人に「少ししか(嫌いな物)中に入ってないんだから味なんて分からないって」というと「違うんだよ!!!どんなに少量で紛れててもその(嫌いな物の)味だけはハッキリと感じることが出来て駄目なんだよ!!」みたいなことを言われるのですがまさにそんな感じ。紛らせて食べようとしてもイチゴと油の強烈な味は隠せない…=□○_

しばらく話をしながら食べていたのですが…

青ざめてスプーンを置いてる私を見て、友人達が「少し休憩してこっちのほう(救い系メニュー)を一口食べてみたら?と提案してきたので、まだノルマの3分の一を食べていませんでしたがひとまず休憩して一口ずつもらうことに。




美味しすぎる…何これピラフってこんなに美味しいものだったっけ??(゜ーÅ)

スパゲティってこんなにも美味しいものだったっけ??w(゜ーÅ)




それがいけなかった_| ̄|○


…つまりね、


本来の普通の料理を口にすることで

現実に引き戻されちゃったんですよ(ノ∀`)

「ああ、やっぱりこの(イチゴ)味と(小倉&パインの)組み合わせはおかしい…」って気付いてしまったんですよ_| ̄|○

その後からが大変だった。

オグラ丼に戻り多めにすくって口に含んだところ…


なんだか凄い吐き気が・・・。

なんだろう拒絶反応って言うの?
体が小倉含むイチゴ(&油)ご飯を受け入れてくれないんです('A`)


スプーンが進まない。
少なめに一口すくう、租借する、味が分かる前に飲み込むを続けることになったのですがそれも数口で不可能に。

しまいには口の中に残っている数粒のご飯ですら飲み込めない感じに…(遠い目





段々青ざめてきて、嫌な汗が流れ始めました。

身体的にやばいことを察したのか体が警告ランプを発しています。


「メニューになかったのって、こういう理由からだったんだ…( △|||)
最狂メニュー…=□○_」

と思いましたが後悔してももう遅いorz




気の利いたことを言うとか笑って誤魔化すとかそんなことは出来る状態ではなく、ひたすら水とご飯の行ったり来たりに…。

水ですら滅茶苦茶美味しいと感じました。。。


苦しさと気持ち悪さ、残り(ノルマの量からすると残り少なかったけど;;)の量と目の前にそびえ立つパインと小倉に絶望し、最終的には目が潤んでくるほどに…orz


流石に他から見てもマズいと思ったのか、友人達に顔色が悪すぎるよもうやめなよとストップをかけられ二人とバトンを交換することに。


でも二人は初めからまともメニューを食べていたので、私以上にマズい感じでした。相当青い顔をしていたのを覚えています。
多分拒否反応は私以上だったんじゃないかと…。

気持ち悪くて意識が少し朦朧としていたのであまり覚えてはいませんでしたが雑談はピタっとなくなり途中からスプーンやフォークの音してませんでした…。
BGMの爽やかな曲と壁をはさんで向かいの席にいた大学生風の男性達の声が妙に印象的でした…orz



結局そのあと一時間くらいかけて頑張りましたが(頭がどうにかなりそうなくらいorz)、結局救い系メニューはほぼ完食しましたがイチゴご飯のほうは4分の一位残すことになってしまいました…
申し訳ないからせめて小倉の部分とパインだけは食べようという話になりましたが、精神的にも身体的にも限界が来ていてだれも手をのばすことはできませんでした…。

お会計を済ませ、店の外に出るとすごい開放感が…(゜ーÅ)

「空気美味しいね…!(゜ーÅ)なんて美味しいんだろう…!!」
と3人で感激しつつ、

「こんなに空気が美味しいなんt… うッ( △|||)



皆で口を押さえていました…。



そのあとは…

えーとまぁいろいろと大変でしたということで_| ̄|○




ふらつく足をどうにかしながら再び地下鉄に乗り、今度は大須に行くことに。
途中友人の一人は本当に危険を感じたらしく早退することになりました。


大須にてレトロな古着や古本・小物など見ながら2時間くらい歩いていると、グッドウィルという店が見えてきました。
看板から「濃い」なぁ…^^;と思っていると、友人が「あ!これじゃない??例のメイド喫茶って」と「M'sMelody」と書かれた看板を指差しました。
お腹も大分落ち着いたし、予てから行ってみたいと思っていたので行ってみることに。
メイド喫茶は、その「M'sMelody」というところ以外に、他にグッドウィル前に「A-Boy」というところがあったのですが、覗いて見たところ、貸し店舗にパイプ椅子や小テーブル等なんだか即席な感じで簡素な作りだったのでやめました。

グッドウィル2階に行き、フィギュアコーナーやDVD・CDコーナーの奥に行くと、ありましたメイド喫茶!!

先程の「A-boy」と違ってなんだか本格的な作り…!(*'∇')
優雅な曲が流れ、綺麗なつくりの木の椅子やテーブル・シックなカーテンや内装、ここってどこだったっけと言いたくなる様な感じで少し驚きました。

そして…

その綺麗な空間に、明らかにオタだろうどうみてもオタだろうと思われる男性が、一人ずつ(複数で来ている人はあまりいないww殆ど一人で来てるww)かしこまった感じで座ってるのには思わず吹きましたwww
緊張してるのかキョロキョロしながら手を膝に置いてる男の人とか…(*'∇')

おかしいwwwなにこの光景wwww


店の前で入るのをためらっていたところ、メイドさんが気を利かせて来てくれました^^

メイドさん:「お帰りになられますか?(*゜ー゜)」

お帰り…?? どういうこと??
そう思って焦っていたところすかさず

メイドさん:「あの、こちらのお屋敷にお帰りになられますか?(*'∇')」

と追加説明していてもらい、「あ、そういうことなのねw」とようやく理解^^
名前のプレートを見ると「こゆず」と書かれていて、声も顔もなんだかとても可愛い方でした^^

はいと返事をすると「かしこまりました(^ー^)こちらへどうぞ^^」と案内され、


メイドさん:「お嬢様お二人とも、お帰りなさいませ(*゜ー゜*)」

と…!

うわーホントに言うんだね^^と二人で照れ笑いしながら席へ移動。

少しドキドキしながら席に着いたところで、他のメイドさんが水とメニューを持ってきてくれました^^

そのときも、「お嬢様、お帰りなさいませ^^ ごゆっくりおくつろぎ下さいませ(*゜ー゜*)」と言われ、なんだか照れくさくて「ははは…///」とこちらも照れ笑いw

立ち去るとき、礼をしたあと一度だけ膝を曲げてから行くのがとても可愛らしかったです^^

 
やがて注文したジュースが届き(注文するときも、直接呼ぶのではなくテーブルに置いてあった小さな♪の形のベルを使いました…w)、少し雑談をしながら(もともとの雰囲気や、男性一人で来る客が多いのもあって、店内は静かな感じ)飲んでいると、時計が3時に。
毎日3時になるとするようになっているのか、大きなアンティークオルゴールの演奏を聴くことに。

他のお客さんである男性がたが、ノート(感想ノート(?)みたいなもの)を書く手を止めたり携帯を閉じ(一人で携帯してるお客さんが一番多かった)目を閉じながらうっとりしてる顔を見て、少し楽しくなりましたw
大学生っぽい人から40過ぎのおじさんまで、みんなうっとりしてるんですものww
すごく異様な光景でしたw


やがて演奏も終わり、ジュースも飲み終えたところで会計をして店をでることに。

レシートを貰う際、何かのカードにメイドさんがテープでレシートの紙を貼り、渡してくれました。
あとで見てみたのですが、

「お帰りなさいませ、ご主人様。
ご主人様にゆっくりとくつろいでいただける場所でありたいと願っております。お仕事に疲れたとき、またお帰り下さいね 。りりす」

の文字が…!さらによく見てみるとレシートの裏にボールペンか何かでくまと女の子のイラストが…!
さりげないところまですごいなぁと関心しました^^

あと、そのレシートを貰ったあと、「サービスですので」と飴を一つずつ貰ったのも少し嬉しかったですb


最後に

メイドさん:「それではお嬢様、行ってらっしゃいませ(*゜ー゜*)」

とお見送りをしてもらい、店を出ました^^




まぁそのあと・・・40分後位に
傘を店に忘れたため取りに戻るという失態をしてしまったのですが_| ̄|○


メイドさんの、

「お帰りになさいますk… え?wどうぞお取りになってくださいw ふふふ…お帰りなさいませw

という言葉に「ああ…今度は「お帰りなさい」の意味が違う…。・゚・(ノ∀`)・゚・。」と切なくなりました…(゜ーÅ)

再び店を出る際に、「今度はお忘れ物はありませんねw(^ー^)」と言われ恥ずかしがりながら(実際滅茶苦茶はずかしかったww)そそくさと店を出ました(゜ーÅ)





とても面白い経験でした~♪
「マウンテン」も「メイド喫茶」も、機会があればまた行ってみたいな~
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (5) * Trackback : (0) * |

* by nishi
たまには、お金を払ってマズイ物を食べるのも悪く
ないかもしれないね(+д+)

メイド喫茶にハマルと、結構行ってしまうので
注意して下さいね~お嬢様♪

* by ユキミヤ
霊峰マウンテン、つまりはマウンテンのテーマソング。
あれは日本ブレイク工業社歌でお馴染みの萬Zさんが歌われています。
私も勿論持っています、あとあそこには抹茶スパの携帯ストラップとかも売っていますよ。

あと冥土喫茶とか怖くて行ったことないで知らせんww

* by 鴬李
nishiさん
>たまには、お金を払ってマズイ物を食べるのも悪く
ないかもしれないね(+д+)
不味いものというか「変わったもの」という感じかな♪
でも、お会計するときにも思いましたが、食べ物を注文するときは責任もって頼まなくてはいけないなと思いました^^;
最終的にオグラ丼の4分の1は残飯になってゴミ行きになってしまったことを思うと、いくら量が多かったり味がおかしかったとしても食材を無駄にしてしまったわけですから少し反省してます(ノ_・。)

>メイド喫茶にハマルと、結構行ってしまうので
…ということはnishiさんはメイド喫茶には結構行ってしまった(もしくは現在進行形w)わけですね…?w

それにしても、「ご主人様」より「旦那さま」の方がドキドキするような気がする私って一体…orz

* by 鴬李
ユキミヤさん
あっ 霊峰マウンテンっていうのは店の中で流れてる軽やかなBGMのことではなかったんですね(;・∀・)
てっきりあのBGMのことかと…w


日本ブレイク工業の曲の人ですかー。
あの曲は個人的に好きです^^
霊峰マウンテンは、先程試聴(できるサイトにて試聴)してみたのですが個人的には「微妙…かなぁ」という感じがしました^^;
不協和音っぽい感じ(ある意味店のイメージを忠実に表現していると言えますがw)がどうも…(泣
CDは所持されてるようですが、抹茶スパのストラップのほうはお持ちですか?^^

メイド喫茶は一度行ってみるといいですよ♪
新境地を開けるかも・・・?w

こんにちは * by ゆうな
なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/2513

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。