12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-08-13 (Sun)
06-08-11_15-11~00.jpg

06-06-30_16-40.jpg

06-06-29_16-48~00.jpg



最近「立体構成」を作るのが楽しくなってきた。
といっても、私のここでいう「立体構成」とは、愛知県立芸大デザイン科試験用の「ケント紙を使った立体構成」と「水粘土を使った立体構成」のことなんだけど。

試験で出るものは立体構成のほかに、平面構成(=絵ね)と静物デッサンがあるんだけど、今までは正直どれも好きじゃなくて、特に立体と平面は大嫌いだった^^;

もともと、中学時は美術の先生がそれらしい美術的な授業は殆どしなくって、テストもうちの中学だけは「美術」と「音楽」はテストを実施しないという方針だったので通知表の評価の対象となるのは通常の授業+平常点+週一回の「スケッチブック」提出だったんだけど、
そのスケッチブックというのが「(デッサンだろうが漫画のイラストの模写イラストだろうがオリジナルイラストだろうが)何でも描いていい」っていう方針でなおかつ先生が漫画とか凄く好きな方だったので、
私の成績は殆どスケッチブックで稼いでいたといっても過言ではなかった。
当時親から遊ぶことを殆ど禁止されてた(それに土日は一日中塾だった)私にとってスケッチブックはとても魅力的で、一週間に一枚出せばいいのに2枚とか3枚とか力作(とはいえイラストばっかり)描いて提出してたから、その分が成績に反映して、中学校3年間は(美術の技量はたいして無いというのに)ずっと美術の成績はオール5(※5段階評価中)という実力が伴っていない偽物の成績をとり続け、それなのに高校入試は何故か美術科に合格することができ、その後「油絵」「日本画」「彫刻」「石膏デッサン」は勉強することができたけど他の知識は全くのまま高3へ。
3年のときはデザインを選考したけど、その担当の先生がこれまた「自由な発想」「遊びから成長へ」が方針な先生で、デザインらしいこと殆どしなかった。
そんな状態で再び高2から絵の塾に通い始めたものの、

石膏デッサンはともかく静物デッサンはまるで描いたことがなく、
平面構成なんて一度もしたことなく、
立体構成なんて「え?何それ?」って感じだったから、

授業や講義は「これは当たり前に知っているであろう」前提で話が進み、
なおかつ私は愛知県に唯一の「○○高校美術科」だったから先生や周囲が変な期待を抱いたりしてて(「下手に見える(←実際は初心者だから当然の話)けど、きっとすごい力を秘めてるに違いない。できる子に違いない」とか)いくら私が「下手です」「初心者なんです」と言っても聞いてくれない・教えてくれないという感じで、

”皆上手いのに自分だけがあまりにも下手…”だけど皆に(先生も友達も親も)一目置かれているというアンバランスな状態が続き、凄いストレス感じてました。
そして、自分のイメージや理想は高いのに実際技量がそれについていかないという感じで凄くもどかしいっていうのもあった^^;(今も多少ある)

それで悩んだり上手くいかなかったりストレス感じているうちに、もともと下手なのに作ることや描くことが嫌いになってますます駄目になってきて、

好きな順に並べると

「静物デッサン(一応デッサン自体はやったことあるし、第一構図を決める以外は自分の発想・テクニックはあまり必要なかったから」>>>>>>>>>>超えられない壁>>>>>>>>「立体構成」「平面構成」

という風になってた;

でも最近4月から勉強しなおしたり基本的なことをちゃんと習ってきたおかげで力も少しずつ付いてきて、今は立体構成が一番好き。
「好き」って思ったものはやっぱりやる気とか取り組み方も変わってくるから伸びるのも早い^^
で、伸びるのも早くなって上手くなるから、講評会のときに優秀作品とかに選ばれたりする。
そうするとモチベージョンが上がってくる。
で、また頑張ってやろうかなっていう気分になって楽しみながら頑張るから実力が伸びる。


今はこんな感じの流れ^^

去年は全く逆の流れだった^^;

特に今は紙が好きです。
実力とかアレンジ力はあまりないけど、紙の立体の場合はある程度の基本知識と、「こうしたらこうなるのではないか…?」っていう想像力や発想力が半分、あとはそのとき自分が望むいい形にめぐり合えるかっていう運が全てを左右する気がする。
今までは「こういう形が作りたい」っていうのはあっても想像だけで実力が付いていかずに作れなかったけど、最近はそういうのが少なくなってきて、とても楽しかったりします(*゜ー゜)


あぁなんだか何が言いたいのかわからなくなってきた^^;

ひとまず今回はこれにて。




蛇足

ちなみに根本的な問題が解決したわけではないと思うので、未だに美術関係の知識は真っ白に近いです(恥
多分私よりもよほど一般の方のほうが詳しいかと思われます。
「この絵は誰が描いたでしょう?」とか有名絵画のクイズやっても多分殆ど答えられないのが実状;;。
最近少しずつ勉強はしてるんだけどね;;

 
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ユキミヤ
はてさて私は美術関係の知識はさっぱりですが、やはり何かしらの目標なり夢があるのなら、それに応じた、関係した分野の勉強というものは必要になってきますね。

かという私も物書きの真似事をしております。
真似事というのは、あまりに人に見せられる作品が少なく、内容も人様に見せられるようなものでもなく。 
改めて文章構成、ボキャブラリの充実、執筆関係の勉強をしたいと思いました。

といいますのも、あくまでも私的観点、自意識過剰に取れるのですが、私は周りの人たちよりも少しだけ文が巧いだけで・・・・・・・いえたまたま周りに自分でお話を書いたりする人がいなかっただけで、だからお話を書いた私がそんな風に言われただけかもしれません。
それでどこかいい気になって、調子に乗って物書きの真似事を始めたのかも分かりません。

どうも最近漫研に所属するようになって、痛切に感じるようになりました。
なんだ私より書ける人がいるじゃないかと。
その方とよくやってますが、やはり会話のたびに私はなんと未熟なものかと、思ってみたり。

まあそれがいい方向に働いたようで、昔より本を読むようになり、お話のほうも まあ多少は人に見せられるなと思い始めました。

さて長くなってしまいましたが、あんまりにも長いので何を言いたいのか忘れてしまいましたw

まあ兎に角勉強は大事よとのことでw


有名絵画の話題が出たので紹介。
 http://kaigamoe.web.fc2.com/index.html

 ここで勉強して見るのも面白いかも。
 私はここで日々名画の勉強をしていますw

コメントありがとうございます。 * by 鴬李
コメントありがとうございます^^
やっぱり前向きに頑張るのが一番ですよね(*゜ー゜)
「知らないから」とか「できないから」って諦めるんじゃいけないですねb
日々勉強勉強^^


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。