123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-07-09 (Sun)
今日(時間的には昨日?)は塾(学科)のほうの一学期授業最終日で、授業後家に帰った後現在所持してる「とあるジャンル」の小説のうち個人的に「不発」だった小説(新品帯つき数冊含め)30冊前後を古本屋へ持って行きました。
私の場合大抵普通の小説以外は売りに行くのもなんなのでゴミの日に出して捨てるのですが、「少しでもお金戻ってくるほうがいいし売ってきたら?」という姉の提案により売りに行くことにしたのでした。



…まぁ、

ここからが

 悲 劇 の 始 ま り だ っ た わけですが_| ̄|○



重いなぁと思いながら自転車で近くにある「その手」の中古小説を割と

安い値段で売っている某有名古本屋に売りに行ったわけなのですが、

目的地到着時に初めのアクシデントが。



自転車置き場に自転車を止め、カギをしてたら、入り口を掃いていた店

員が一言



女店員:「あ、買取の方でいらっしゃいますかー?」。


「えぇ^^…」と店員のほうを振り返った瞬間、






あれれー?w中学校の時の同級生だよー?_| ̄|○





「買取り用のお荷物持って行きましょうか?」と一応営業用スマイルで

言われたのですが、カタギの方が見るにはあまりにもアレな本でしたの

で「いえ、結構です^^まだ売ろうかどうか迷っているので(にっこ

り」と実に爽やかな笑顔で即答でご遠慮したのでした(にっこり

…その間超足早_| ̄|○




しかも時間帯が悪かったのか、店員は殆どいない状態で、一人の店員が

通常の持ち場以外に何個も付くといったような感じで、丁度レジも必要

最低限の人数しかいなかったがために、彼女はその後レジに付くことに

なったのでした。




『うわぁ…よりにもよって(まだ私が傍から見て優等生だった中学時代の)同級生…。いくら彼女がレジ担当とはいえ…これを隣の買取査定に出すのはいかがなものか…』

と挙動不審丸出しで店内をぐるぐる回っていたのですが、『こんなに暑

い時間にこれだけの重さの本持ってきたんだし、持って帰ると来週の水

曜日までゴミに出せないじゃないかっ どうせ彼女は今レジだ、いつ買

取のほうに回ってくるかもしれないんだから売るなら今のうち…!!』

と奮起(※その間入店してからその発想にいたるまで役一時間弱)し、

彼女が会計の仕事に付いていることを確認し勇んで持っていったのでし

た。



が…



査定担当者及び店長らしき人(男)

「あー○○さん(←彼女の名前)、丁度今レジ空いてるしこの人の査定やってくれる?すぐ戻るから」




店長!?Σ(゜ロ゜;)
アナタ何言ってんの?(((( ;゜Д゜)))




『すぐ戻るよね??絶対すぐ戻ってくるよね!???( ;゜Д゜)』

と心臓をバクバクさせながら渡された用紙に必要事項を入力しました。




同級生店員:「ありがとうございます。では、身分証明書の提示をお願いします~」



「あ、ハーイ…」と言いながら内心は『店長まだ店長まだ店長まだ(;゚Д゚)(以下略』と思いつつパスケースを取り出したのですが、





…ここで、次なる爆弾。




あー私高校卒業後浪人してるから身分が証明できるもの無くなっちゃったんだ~(゜ーÅ) orz



唯一ある物といったら河合(予備校)の「あなたは浪人生でありうちの予備校の生徒ですよ」っていうような写真つき学生証くらいしかない('A`)



渡す相手は外見的にもバイト時間的にも表情的にも

「ワタシ大学合格したし夏休みは今貯めてるこのバイト代で遊びまわろ

うと思ってるんだ(笑)何して遊ぼうか迷っちゃうよ~www」って感

じで、私が中学時代少し見下していた人。

まぁ中学時代は成績が良かった代わりに性格がアレで人間的にこれでい

いのかって感じの考え方や人のあしらい方をしていたのですが。




昔見下していた相手に「私浪人したんです」っていうようないわゆる

「汚点」を見せる…

元来プライドが他の人よりも数倍高い私にとってこれはすごく躊躇する

ことでした。

恐らく情報網的には既に私が浪人したという事実は広まっている筈(だ

って知人の家族が3月初期に10名以上のだれがどこに合格したのかという

情報を知っていた位ですから)なのです。それは分かるのですが、プラ

イド的にはあくまで「この人噂では浪人したって感じらしいけど真相は

どうなんだろう…」っていうところまでで留まっていて欲しかったので

す。できればそうして今年は合格し、何食わぬ顔して過ごせたら過ごし

たかった。エゴですが。。

まぁその話は今は置いておいて。





が、最近少し高い頻度で発生するのですが「もう自分も地位も将来も現

状も幸せも全て何もかも壊してしまいたい。全てを捨ててもう楽になっ

てしまいたい。もう何でもいい」という思考が頭の中で巻き起こり、

半分やけになった私は一瞬出すのをためらったものの困ってないふり

(というか本当にくだらないプライドで、「自分は不幸ですよ」とか

「苦しんでるんですよ」っていうオーラを絶対に気づかせないように

振舞った)をして笑顔で塾生証を提出したのでした(⊃Д⊂)




そのあとすぐに店長(らしき人)が戻ってきて交代し、彼女はレジに戻

ったため「あの手」の小説が彼女に露見するという最悪の事態は逃れることができたとほっとしたのですが…



直後


店長:「おーい○○さーんもう一度ここお願いー」






…ヤロウ(,,#゚Д゚)

どうやら店長は一冊目の小説を手に取り2冊目3冊目と手に取るうちに何かを悟ったようだった。


まぁ表紙は何故か全て男2人のイラストばっかりですし?
なんかラブラブそうな妙なオーラを放ってますし?


エロ本を男性が買うときに男の店員がさっと気を利かせるように、

恐らく店長さんはどっからどうみてもBLとしか見えない小説群に

「…これはきっと気を利かせたほうがいいんだろうな」と思ったのでしょう。




…だけどね、



そんな「気」なんて利かせなくていいんだよヽ(`Д´)ノウワァァァァン!!



店長的には

客の知り合いの男性店員<カタギな男性店員<男性店員<カタギな女性店員

(※今ここ)<女性店員<腐女子ちっくな女性店員や客の友人(=理解者)

という感じだったのでしょうが私的には不等号などもはや意味を持たず、

>そのときはただもう『もうとにかくなんでもいいから知り合いでなければいい。』
という切羽詰った心境だったのです。

ましてや中学時代の同級生だなんて言語道断orz

気を利かせた筈が店長はとんでもないことをしてくれたのです。



店長ーーーーーーーーっ \_○ノ



その後
「査定にはお時間かかるため済みましたら直接お呼び致しますのでしば
らく店内でお待ちください^^」
と妙に明るい声で営業用台詞を言われたあと数分後



480円と書かれた用紙をもらうことになるのでした_| ̄|○



480円て…('A`)




あれだけの思いをしてあれだけの冊数の本(※しかもどれも決して古くないしきれいな状態)を出した結果がコレですか…orz

しかも「このお値段になりましたが宜しいですか?^^」とか確認されたのですが良くないよ=□○_

どの古本屋もいつも査定後はこの台詞で確認してくるのですが今まで思ってたけどこの状況で「良 く な い で す。」って言える人なんているのかな。。。


ましてや今回は状況が状況だったため「はい^^;」としか言えなかったのですがorz


最後にあんまり関係ないけどイラっときたのは3冊位は少し状態が悪かった(そのうちの一冊はカバーを外すとマジックの汚れがあったり)のですが、

店長(何故か戻ってきた)の一言。

店長:「この3冊はちょっと買い取ることができないのですが、どうしますか? こちらで”処分”しておきましょうか?^^」

苦笑いしながらハイと言った瞬間店長の目が光った気がしたorz



ちなみにその店を去った後その店の近くにあるもうひとつの古本屋(ただしこちらは小説の買取はしていない)に行き、しばらくした後戻ってきたのですが…


「買い取ることができないから”処分しておく”」と言った小説が一冊150円で売られているのは何故なんでしょうか_| ̄|○|||


マジックの独特な汚れも健在…(遠い目




恥だけが返ってきた小説買取でした_| ̄|○|||



色々オワタ\(^o^)/
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

* by tor(と-る)
こんにちゎ。
FC2の履歴からきました tor(とーる)です。
ファンタジー系のイラストは、
ぼくもオリジナルで描いていますので、
なかなか癒されました。
サイト運営もがんばってくださいね。
でわでゎ。

* by 御剣
こんばんわ~
リニューアルおめです^^
いあー、しかし、ゆづさんの自爆っぷり
おもしろいw
きっと、普段でも勝手に思いだして勝手にへこんでたりするんでしょうなぁ
ま、元気だしていきましょw

* by 鴬李
tor(と-る)さま
はるばる(?)お越し下さり有難うございます(*゜ー゜)
一応お返事は訪問返し(?)みたいな感じでそちらのブログのほうでさせて頂きました^^

御剣さん
お久しぶりです(いつも言ってるような気がするけどw
自爆はいつものことです(ニッコリ
自爆して凹み、立ち直った直後また自爆…と地雷ならぬ自雷を常に踏み続ける…それが私です(笑)
普通の人ならそうして成長していく筈が何故かいつまで経っても成長できないおバカな子ですが(…orz)これからもよろしくお願いします。・゚・(ノ∀`)・゚・。
またいらして下さいな^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。