123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-04-29 (Sat)
?最近我が家の庭に「ミニログ」なるものが建ち始めていて(正確には建て始めていて)いろいろと問題があったりする。業者に頼むとお金がかかるからといってミニログ(文字通り小さなログハウス)のキットを輸入してきて作っているのですが…。

父上母上、や、やっぱ業者に頼みませんかね(; ̄ー ̄Aあー駄目ですかそうですか_| ̄|○
リア友の方は既に知ってると思うのですが我が家はログハウスです。
さすがにミニログと違い一生がかかってくるので家のログハウスのほうは4分の3位業者さんが作ったのですが(それでも4分の1は…ね)。
ちなみに暖炉あります。冬はいつも暖炉です。
でも…都会とは言えないけどここは田舎ではありません_| ̄|○かなり場違い(というかはたから見ればかなり変わった家に見えるかと)…( ´ー`)

?塾の授業で「リサーチワーク」なるものがあり、今回は「自分を紹介する」ことがテーマなのですが自分のどういうところをテーマにしようか悩んでいたりします。
それと同時に今年から友達になる人や今回のリサーチワークで塾のクラスメイトに、うちのHP(恐らく自分紹介のときに趣味の一つとして「HP」のことも話すと思うので)のアドレスを教えようか否かも考え中。へたれなHPではあるけどやはり人に見てもらうと嬉しい。でも、HPを公開するということは同時に日記(自分のブログ)も公開することになるのでそれは嫌なんです。最近私のブログでは自分の本心をわりと曝け出してきました。自分がいいなと思ったこととか、自分が感じてることとか、自分が悩んでることとか、愚痴とか弱音とか現実逃避とか日頃リアルでは言えないことや感情に出せないことをブログ(日記)として書くととても精神的に救われます。でもその文面は正直なところ知人(=一部のすごく親しい人)以外には知って欲しくない。
決して誰にも見て欲しくないというわけではないのです。

只、自分のいわば内面ともいえるものをおもしろ半分や興味半分で知って欲しくないだけ。しかもリアルの自分と全く面識の無い人に知られるのなら全く構わないけどリアルの自分を知っている人には…ちょっとね。
HPは公開してもこの際ブログは本家HPから分裂させてしまって別口で日記(とは名ばかりのイラスト関連のみの近況報告(でもこれだと絶対飽きて書かなくなる気がする)みたいなものをおいておこうかとか
本家サイトにそっくりでアドレスが違うブログなしのサイトを立ち上げようか(これっていいんですかね?)とかいろんなことを考えつつやっぱHP公開はやめようという意見で固まりつつあるユヅキなのでした。

?ココアアイランド撤去しました。
ぶっちゃけ飽きた(←オイ)ので…ヾ(;´▽`A``

?一週間くらい前から「Filn(フィルン)」というSNSに参加してたりします。
巷で有名なmixi(ミクシィ)のアキバ版というかオタク版みたいなものだと思います。
もともと大ファンのSHサイトの管理人さんが始めたのを日記で知り自分もやってみようと意気込んでやってみたのですが自分がやり始めて3日とたたないうちにそのお方の日記で「ここのHPを見に来てくださっている方のご好意でミクシィに参加させて頂ける(※ミクシィはフィルンと違い「一見さんお断り」みたいな感じでミクシィやってる他の人からの招待がないと参加できません)ようになったのでフィルンやめてミクシィに移住します」みたいなことが書かれていてショックが隠しきれない感じだったりしますが、少しずつ少しずついろんな方とマイフィルン登録させていただいたり足跡帳に記帳して頂いたりして交流がとれてるので嬉しい気持ちのほうが上だったりします。

?この一週間くらいにカラーイラストを一枚描くかもしれません。
今のところオリキャラのシオン(本来の女版のほうで。)の本気絵(予定)がラフまでならできてるのでゴールデンウィーク中に完成できたらいいなと。
あともしかしたら一枚拍手絵を差し替えするかもしれません。
いつも拍手くださる方ありがとうございますm( _ _)m

?今回のサイト内BGMの選曲は自分的に「白殀舎」(←※小説のほう)のストーリーの起承転結のなかの「転」の部分のイメージ曲だったりします。
ネタバレになるので多くは書きませんが転の部分はティスメトとリフェルが屋敷から去ったあとからのシーン。

屋敷を走り探し回る双子、荒々しく開かれる扉、双子の焦りとは裏腹に誰もいない寂しい雰囲気の部屋、途中で消えている雪の足跡、カナデの異変。…そして自分の異変に気づかないハルカ。

そんな展開が小説「白殀舎」の「転」だったりします。
時間ができればまた続きが書きたいですね。

?自分が過去「中二病」なるもの(しかも現在進行形)であったことが判明。
参考リンク→
あー…私こういう人間だったよ( ´ー`)
そして今も少し当てはまるよ…orz
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。