12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-04-16 (Sun)
明日から本格的に予備校(というか河合塾の「美術研究所」)生活が再び(まぁ今年から一日中だけど)始まります。思えば河合塾との付き合いは7年目、美術研究所との付き合いは今年で5年目に突入します。

昨日は入塾ガイダンスでした。
私は今年もデザイン専攻を選んだのですが、高校時のクラスメイトもちらほら(? なんか一人は確定だけどあやしい人が2人位いる。その2人のうちのひとりは昨日は欠席(もしくは遅刻)で顔を確認できなかったのですが同姓同名の人が呼ばれてた。でもその人油絵専攻じゃなかったっけ?もう一人は顔は確認したんだけど高3時は学校では日本画を専攻してた人。でも名前を呼ばれるときは苗字が違うその人の名前なら呼ばれてたけど本人の苗字はよばれてなかったし顔も確認せず。あくまでエレベーターに乗るときに同じ階(※たしか専攻別に階が違う)で降りるのを見ただけなのでなんともいえない感じ。)いたり、違う階にもちらほらクラスメイトを見たりしました。あと合格者一覧を見て少し複雑な気分になったり。合格者の殆どの人は私からみても上手いなぁって思ってた人だったり凄く努力してたのが印象的だった人だったりして人間の違いというか器の違いというかいろんなものを見せつけられた感じがしました。あと、私は一応高校はうちの県の中で一番頭が良く有名な高校に進んだのですが(まぁ頭が良いのは普通科で、私が在籍してた美術科はそこそこって感じだったのですが。)合格者(美術系大学のね。)一覧にはいろんな普通科高校からもたくさん合格者がでていて(ぶっちゃけ高校自体はそれほど頭のレベルが高くないところからもいろいろ合格者がでていた)、高校合格時はいくら美術においても学力においてもエリート(まぁ私の場合学力はともかく美術は奇跡的に選ばれたんだと思うけど)でも、努力を怠れば意味が無い。要はどれだけ努力を続け自分の進みたい道を目指し続けることが出来るか、とかどれだけ自分を信じ続けることが出来るかで決まるだろうなって今更当たり前のことだけど思いましたね。

私の場合まずこの一年のうちに将来の職業についてもう一度深く考えてみるのと、自分が今やってる美術の勉強に楽しみを感じること(※今まで本当に苦で苦で仕方がなかった。少し嫌だなって思うととことん嫌になって。そういうのがやる気とか作品にも出るんだと思う)と、軌道に乗ることと、せめて今年だけは簡単にくじけたりしないこと、いくら苦しくてもやり抜くことを絶対にしなくてはいけないことだと思いました。
特にこの3年間いろんなことに手を出してはみましたが長続きしないことや挫折することが殆どで自分に自信も持てず力もつかず楽しみも持てずというような最悪の日々だったので今年こそは打開したい。
何言ってるんだよって言われそうですがぶっちゃけ自分はこんなところでおさまるような、こんなところで諦めるようなタマでは無いと思ってる。来年には人間的にも大きく成長した自分に会いたいです。そして「あの時は頑張ったよね」って笑いたい。
あと、今年こそはちゃんとした”親友”も作りたい(高校時はせいぜい”ともだち””クラスメイト”しかいなかったので)です。






追記
ぶっちゃけ「ウ・・・・・・」と思ったのは美術の勉強の予備校なのに宿題と小テスト(英単語)が毎週あることです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
しかも宿題は毎回提出制。
まぁこの機会に中学のときみたいな真面目さんに戻れればいいかなって思うけどね。
高校のときは

・遅刻常習
・サボリ常習
・勉強用ノートには落書き(たまに本気絵も…orz)だらけ
・1、2時間目は大抵寝てます
・小テスト勉強?たまにやるかやらないか位ですが何か?
・定期試験勉強?なにそれ美味しいの?
・通知表は高校一年目はこまめに親に出してましたがだんだんと出さなくなり3年時は一度も親に見せなかった上に学校にも提出しませんでした(だから一学期の成績分しか通知表にはかかれてなくて他無記名)。
・遅寝遅起き当たり前。毎日必ず3時は越えます。
・家帰ったら?勉強机のイスなんか座らないよ?もちろん机の卓上ライトなんてつくことありません。
(まぁ3年生時はたまにちゃんと向かったりそうじゃなくてもこたつの机で勉強はしたけどね?でも普通に勉強机のイスに座れないあたりやる気が無いことは目に見えて分かる)
・たまにオールナイトのときがあります。


という駄目の極み(ていうかこんなんでも呼び出しとか注意一つされることなく普通に卒業できたことに驚きが隠せんよ…)というか


「いや、なんかもう駄目だろ。ソレ。」
というような腐れ外道だったので中学校時の優等生的リズム(だって中学のときは遊ぶこともやってたけど
毎日誰に言われることなく予習復習とか普通にやってたからね。ていうか遊び自体も「手紙を書く」か「落書きのイラスト描く」か「学校提出用のスケッチブックのイラスト描く」もしくはたまに「マンガを読む」位で他は何もしてなかったしそれに不満や物足りなさを感じることも無かった)とまでいかなくてもせめて普通の人の生活リズムに戻したいですね。
それにしても中学の時までの同級生は私の高校生活を知ったらすごく驚くんだろうなー。
逆に高校のクラスメイトが私の中学生活をみてもかなり驚かれること必死なんだろうね。
でももともとやる気があるときと無いときの差も激しい上に自分がしたいなあと思ったことは徹底的にやるけど嫌だなとかしたくないなと思ったものはとことんしない性格だからね・・・・
………だ、打開だ打開だッ!!
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。