12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-02-11 (Sat)
■まだ節分が終わったばかりだというのにもうお雛様の最上段であるお内裏様とお雛様を出したユヅキ家です。本来は7段だったということで(←近年はお雛様達の手入れが面倒なのと場所をとる為最上段のみを家の棚に飾られる。たまに提灯とか屏風等も一緒に飾ってもらえたりする)余っている(?)下段の官女さん達や我が家にある他の人形(女性)をお内裏様のお膝元とか肩とか腕とかとにかくいろんな場所にくっつけて

『題して、「ハーレム」。』

とかいうようなくだらないことをうちの兄弟(姉妹)と一緒にやっていたら母に本気で怒られたユヅキです○| ̄|_
いや、いいこと考えたと思ったんですけどねー(笑)
夜になってユヅキ家一同が寝静まったあとはお内裏様とお雛様の修羅場だったりして

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……………
お雛様:「貴方って人は・・・・・・・・・・・・」
お内裏様:「ち、違うんだこれには理由<わけ>があって第一あの子達(=ユヅキ家の子供達)が勝手にやったわけで私が好きでやったわけでは…ッ!」
お雛様:「そう言うわりには鼻の下のばしてたのはどこのどなたかしら??(非常に怖い微笑み)」
お内裏様:「(ギク…ッ!)そ…それは…」
お雛様:「問答無用ッ!!!」
バッチーーーンッ
お内裏様:「うわああああああああああッ」

とかなって次の日の朝にはお内裏様が妙にボロボロになりつつ頬にほのかに"もみじ”の跡が残り髪の毛が少々ボサボサになっていたりしたら面白そう・・・www
まぁお内裏様からしてみればかなりの迷惑ですけどb
■昨日親が裸祭り(参考→■)に行ってきたのですが、自分達のいた場所の前にいた人がおかまさんだったらしい・・・。服装は普通の男性の格好で、背丈も170センチ後半と高く髪型も親たちの証言曰く「サッカーの中田選手みたい」だったのにしぐさや言動が・・・・・・女っぽかった(”なよなよ”してる感じ…だったそうです)みたいで。その人は友達らしき人と三人(他の二人は普通)だったらしいのですが
「ねぇねぇ○○~、このあとどうするぅ~?」とか「きゃ~~~wこれカワイイ~~~~w触っちゃおうっかな?♥ 」とか「来年はボクも参加してみようかな~♥ 。」「(そこで言われた言葉に対して)えへへっ♥そうだったっけ?☆ボクそんなの覚えてないもん♥ 」とかどう見ても何かが違うよなぁと思う行動をしていたそうです(←母が忠実に身振り&口調で再現してくれたのですがそれはそれで異様な光景だった・・・○| ̄|_)。でも実際自分の身近な人でそういう人がいたらいいだろうなー。
私は基本的(?基本も応用もない気がしますが)にゲイの方とかバイの方、レズの方とかニューハーフ(おかま)の方、おなべの方などに抵抗が無い人間なので「自分の子供がおかまになったりしてもいいかな。反対するっていうよりはむしろ応援してあげたくなるよね。社会的に厳しい立場に立たされたとしても絶対に自分だけはその子を守るだろうな^^」って言ってたら親にちょっと白い目で見られたのですがどうなんでしょうか・・・?他の人は違うのかな・・・?

■最近頭の中に残っている台詞
スムルースのアルバムの中にある曲の一説なんだけど、

「 それでもボクは羊のような一歩一歩で全力走る。
誰が為に唄歌う・・・?   自分の為だコノヤロウ   」

っていう歌詞があって。その曲は別に「人生頑張るぞ」的な歌でもないしむしろ恋の歌なんですが頭から離れなかったり。
あと最近昔のカセットテープを発見して幾つか聴いていたのですが、姉に以前妙なアプローチを続けていた人から確か渡された恐らく美少女ゲーム(?多分そうだと思う)の主題歌を主に集めたカセットを、塾の講評会でベコッベコに言われて凹みまくったときとかの夜、妙なハイテンションであるそれを「気付け薬」として聞いています。大抵はすっごく黄色い声が「キミのことが好きだよw」とか「輝く未来に…うんたらかんたら」とか「キラキラに輝くアナタの視線が~…どうたらこうたら」というような思わず『う・・・うわー(; ̄ー ̄A』 と言いたくなる様な歌ばかりなのですがたまに不思議な歌とか変わった歌も含まれてて妙な刺激に。一番不思議で気になった歌は、冒頭から「今ひとつの指が切られました。でも九本残ります。その指で罪を犯さず・・・」とかいう変わった歌詞から始まって、「王子よ 私はすぐに行きます  sighlent night 滑らかな星の川 胸のリボン解いていって 貴方をもあげられない(←聞き取りづらいのでちょっと間違えてるかも)」「王子よ 私は その指先に 灯る光 路を照らして 正しき路を迷わないでと 月の裏から 月の裏側で」というようなサビ等に続いていくんですがこれって何の曲なんだろう・・・・・?なんとなく声と口調から母から子(王子)に向けて歌っているのかなーと思いきや「私はすぐに行きます」「肌に滅びなど無い」「胸のリボン」っていうところからするとそうも思えなくなってきて。もしかしたら王子と恋仲になった女の子(お姫様?)が王子にあてた歌なのかなぁと考え中。そもそも「月の裏から」ってどういうことだろう・・・・???


スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。