123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-06-30 (Wed)
■『Beautiful Girl』





『キミはきれいになる  季節が巡るたび変わる 思うがままやりたいように。 …それを見ていたい』

          
           
そんな人がほしい。 




私が誕生日を迎えても
顔から若さとかかわいさとかがなくなっても 
どんな風になっても



私をきれいだと  言ってくれる人。

そんな私がきれいだと    言ってくれる人。



そんな私を   見守っていてくれる人。


そんな私と、 巡る季節を共に過ごしてくれる人。








…ううん。




『きれい』じゃないね。




『可愛い』 だ。





私をずっと

『かわいい』って言ってくれる人が 



欲しい。






顔とかスタイルとかそういうことじゃないの。



私自身を、



「かわいい」 って思ってくれる人がほしい。








みんな『美人ですね』とか『お姉さん』とか『大人っぽい』とか言うけど、

そのたびに心につき刺さったり虚しい気持ちになる。




いい子なんかじゃない
お姉さんなんかじゃない
大人っぽくなんかない


どうして『段』を上げる?
どうして同じ目線で同じように接してくれない…??

どうして私を「そういうキャラ」にするの…?


どうして私を 甘えさせてくれないの…?





言ってもらえるだけ、ありがたいとは思うけど


でもそんなの




あんまり意味ないんだよ…。








だってそれって





壁があるってことなんだ…。





















私が  




私が本当に言って欲しいのは、





「かわいい」








好きな人に、 

好きな人だけに






「かわいい」って言われたい









「かわいい」




そう思われることができれば
そう思われることができたら






私は他に 


何もいらないの









好きな人だけに


「かわいい」って言ってもらえて


 私を 本当に愛してくれる人が現れたら








現れたら いいのに…。














スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-06-20 (Sun)



目を









































ごめんなさい









* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。