12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-10-25 (Sat)
きらい





きらい






きらいなんだもんね。









どうせ、

私のことなんてなんとも思ってないんでしょ…??








あの『ハーゲンダッツ』に夢を見ていた私が馬鹿だったの。






あの行動に


『意味』を求めた、

「何かあるんじゃないか」ってその『何か』を、無理やり見出そうとしていた







私が馬鹿だったの。







私が…






馬鹿だったの…。









どうして、





私じゃ…駄目なんだろう・…。




















ねぇ、




笑って…?






しゃべってほしいな。







話しかけてほしいな。






笑いかけてほしいな。





私のこと、かんがえていてほしいな。










私の力で、あの人を楽しませることができればいいのに。


       あの人を誰よりもいい顔で笑わせることができたらいいのに。



       あの人を癒せたらいいのに。




       あの人の力になれたらいいのに。  









どうして私は…







それが出来ないのだろう…?








せめて普通に会話するだけ、



何故そんな簡単なことを、
    何故そんな当たり前のことを、





私は出来ないのだろう…?











お願い。





私のことだけを見て…?






振り向いて・・・?








そうじゃなきゃ私…





心が押しつぶされて死んじゃいそう…。









何度


「無理なんだ」

そう思っただろう…?




「諦めよう」

「忘れよう」

「嫌いになろう」

「好きなんかじゃない」




何度自分に暗示をかけただろう…?








「もうやだ」


「もう無理…」


「嫌…」





何度家に帰って泣いただろう…?





何度店で泣きそうになっただろう…?








顔で笑って心で泣いて。








私の想いは…






無駄なのかなぁ…。




どれだけ想っても、




意味ないのかなぁ…。







この恋に、「意味」なんてないのかなぁ…。






想い続ける先に、「未来」なんてないのかなぁ…。










好きなのに…。










好き…。








伝わらないし、たぶんきっと伝えられないけど、









好き。




好きなんだよ。








こんな気持ち、あの人には重いだろうしいらないだろうけど、












大好きなの…。














ごめんね?わたしのすきなひと…


























スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-22 (Wed)




”一”を奪えば ”十”が欲しくなり

    ”十”を奪えば ”百”が欲しくなる

この炎は彼の全てを 
-----焼き尽くすまで消えはしない



SoundHorizon「魔女とラフレンツェ」







※前々回の記事、加筆しました※



■恋のはなし。





最近、自分の感情が分からない。

相反するいろんな感情と、矛盾する言動思考が、
一瞬の間にさまざまに入り乱れる。




いろんな気持ちが暴走してる。












好きな人…あの人といると、    


          うれしいけど苦しい。

    ドキドキするけど逃げ出したい。




会いたいとき、
会いたくてたまらない気持ちもあるけど、


会えないことに
          ほっとしている自分もいる。 
          安堵している自分もいる。






好きな人といると、 



自分を制御できなくなる。

いろんな感情につき動かされる。








好きな人といると、

       誰よりも温かい天使みたいな気持ちにもなれるけど、
       誰よりも冷酷な修羅のような感情にもなれる。

 
       



誰よりも優しくなれるけど、 
…誰よりも恐ろしくなれる。


愛する気持ちは紙一重で、恐ろしい気持ちに変わる。











好きな人といると、 

いろんな気持ちが溢れる。

              自分を止められない。




自分にかけてたリミッターが、はじけ飛んで壊れてしまう。

理性とかプライドとかで、おさえていたものが止められなくなってしまう。




誰よりも「なりたくない」と思っていた人間に、なってしまう。






私は、人間の本能的な部分が好きじゃない。
    人間の汚いところを見るのが好きじゃない。
    


咄嗟なときや、日常生活のある時ふとしたときに出る、

人間のずるい感情・
ドロドロした感情、
妬む感情・

自分を保つため・他人よりも自分が優位に立つために出す
必死な面・汚い感情に触れるのが苦手だ。



大半のひとは、自分が知らず知らずのうちにそういうことをして生きていることに気づかず動いているか、
もしくはそれを知っていても「しかたがないもの」「人間とはこういうものなのだ」と理解して割り切って生きているのだと思う。


でも…。

 

見栄はり、
蹴落とし蹴落とされ、
陰口、
妬み、
いじめ、
「みんなでやれば恐くない」等

少しでも汚い面が見えると、





たちまち冷める。
拒否反応が起こる。
気持ちが悪くなる。
その人をみる印象が悪くなる。
その人がたちまち「小さい人間」に見える。






自分にそういう面が無いとか、自分は清いのだとか、

そんな馬鹿なことは思わない。



自分にもそういう面はあるし、意識しないところで人と同じように出して生きているのだと思う。



むしろ人並み以上にあるのではないかと思う。




現に数年前には、今の何倍以上にもそういう感情をむき出しにして行動してた。



恐らく、私のこの感情は同族嫌悪なんだ。








自分はとてつもなく「汚い」。






でも…






嫌なんだ。




わかってはいても、そういう面を出すのは嫌なんだ。


気持ち悪いんだ。

後ろめたいんだ。


とても下劣に感じるんだ。
    みっともなく感じるんだ。



これって思春期とかの中二病…??









消すことなんてできないし、出してしまってる。

あるのが当たり前なのだということも、理屈では分かっている。





でも…   割り切れない。





できる限りそんな感情は、 


  消し去って生きていきたい。
         ださないように生きていきたい。
      


醜い面は心の奥に追いやって、

        心穏やかに生きていきたい。



なんか、そんな風にかくと聖人みたいだけど、
          そうじゃないんだと思う。

多分きっと、私はそんな風じゃなくて誰よりも一番汚く考えていて、

 
多分私は、

          スマートに生きていきたいんだと思う。

必死な面なんて押し隠して、
          
           すまして生きていきたいんだと思う。
           余裕ある感じにみせたいんだと思う。


心の中で他の人を見下して、
              
           自分の立場を必死に守ろうとしてるんだと思う。




だから、


こんな風に思うんだ。 










…話は少しずれたけど、





そう思って、私は、






醜い心の自分を押し隠して、直視しないようにして、
抑えて、誤魔化して生きてきた。



家や慣れてる人の前では違うけど、
少なくとも、公共の場では誰よりも「おとな」な立場でいられるように、一歩上からの立場でいれるようしてきた。





でも、

好きな人といると、


そんな自分でいられなくなってしまう。


押し隠してきた、必死に誤魔化してきたのに、繕ってきたかたい「仮面」が簡単にはがれて、







誰よりも汚く、

誰よりも必死で、

誰よりも幼稚な心が、感情が





溢れてしまう。



止まらない。





依存心、独占欲。




「私だけを愛して」「他の人なんて見ないで」「私にだけ笑いかけて」




「全てが欲しい」

「全てを知りたい」






少しを知れば、それでよかったはずなのに、

一緒にいれば、それだけでよかったはずなのに、





もっともっと…って

「欲しい」気持ちが止まらないんだ。





満足するところを知らないんだ。









貪欲になってしまう。






そして、依存心ドロドロの


コドモになってしまう。








私は、こんなにも乱されてるのに、



あのひとは、
そんなことなくて、


いつだって余裕なような気すらして。





あの人だって、必死になればいいのに。


私、あの人の必死なすがた見たい。


  あの人も乱したい。



私で乱されてほしい。



私を想って必死になってほしい。











そんな不純な想いが

心を支配する。












そして、

自分だけ燃え上がってる気がすることに、

誰よりもなりたくなかった姿に誰よりもなっていることに、

そんな風になっているのとは裏腹に想いが実らないことに、

実らないのに月日だけ過ぎていくことに、






限りない自己嫌悪に陥るんだ…。






 
             


きれいであれ・誠実であれという「理性」と、

    醜いところはみせたくないという「プライド」と、

      あの人を”支配”したい・”支配”されたいという「本能」と、

         
ありのままの汚い面に向き合うことに対する
「拒否反応」と「自己嫌悪」、

必死になっても・それでも上手く行かないことに対する
「焦り」や

自分の無力さに対する「哀しみ」、「諦め」など




いろんな気持ち・心が、ぐちゃぐちゃに入り乱れて、



どうしたらいいのか分からなくなる。



分からなくて、パニックになって、



心が張り裂けそうになって



大声で泣き出したくなる。

大声で泣いて、全てを投げ出したくなる。



壊したくなる。


















重傷だね…。















でも、

そんなに相手を欲する気持ちでいっぱいになってるのに、







私、あの人とどうしたいのか・あの人に何を求めているのか分からないんだ…。








前にコメ欄で、あの人は「感情は好きだと思ってるけど理性ではそう思ってないのでは」みたいな話もあってそのときも同じことで悩んでたけど、




私が今もまさに「それ」で、

感情では抑えきれないほど「好きだ好きだ…!」って思ってるのに、
理性では「違う」って言ってるんだ。

心は「好きだ」「好きになって欲しい」「付き合いたい」みたいに暴走しているけど、

付き合ったビジョンが…浮かばないの…。


何がしたいのか、分からないんだ…。




付き合って、私は何がしたいんだろう…?



お話がしたいの…?


一緒に遊びたいの…?



私は相手に何を望んでいるのだろう…???









私は重度のオタで、相手は普通の人で、

趣味も違えば考え方も違う。

過ごしてきた環境も違う。


私は限りないマイナス思考で、でも多分相手は違って。

多分私と一緒にいたらマイナスの方向に相手を引きずりこんでしまう…。








心の中で「好きだ」という衝動と、違和感を感じる警告音が鳴り響いてずっと入り乱れてる。






どうしたらいいんだろう…。

























最近
自分でも良く分からない行動をすることが多くなってきたよ。






想いと裏腹な行動をすることも、たくさん。









はぁ・・・。











<蛇足>
■最近の悩み


最近、好きな人に笑いかけられなくなってる。
           話しかけられなくなってる。





最近ね、


恐いんだ。






ここ最近、想いと裏腹な行動ばかりして、
             好きな人にちゃんと接する機会が無かった。
 そんなことしてるから、好きな人に笑いかけてもらえる機会もあまりなかったような気がする。      






私の自惚れかも知れないけど、
私の勘違いかもしれないけど、

なんとなくずっと前は今よりももっといい関係だったというか、今思えば初期のほうはわりと上手くいっていたような気がするんだ。
いい感じだった気もするんだ。


でも、
今は… 

どうなんだろう…。





もしも前は良くても、私のことを少しでもいいから良く思ってくれてても、 

今はそうじゃないかもしれない。

馬鹿なことばっかりやってるから、汚い感情ばっかり出してるから、
もう… 幻滅されてるかもしれない。

嫌われてるかもしれない…。









いつも、話しかけるとき、相手に拒絶されてるかもしれない気がして恐かった。

     気持ち気付かれて避けられてるかもしれない気がして恐々話しかけてた。



でもそれでも、少しでも笑ってくれればほっとして、
         なんとか返事をもらえれば、もう少し頑張ってみようと心を奮い立たせてきた。







でも、最近、


怖くて仕方がない。





ちゃんと話ができるまでに、あいだが開いてしまっているから、
    笑いかけてもらえたときから、とてもあいだが開いているから、







次話しかけたときに、相手がもし嫌な顔をしたらって思うと、避けられたらって思うと、



恐くてたまらないんだ。









でも、恐くてたまらないって言ってたらこの気まずい関係はこれからもずっと続いて自分はいつまでも話しかけられないし状況が悪化するのは…わかってるの…。









でも…。















あと、最近ね、しごと手伝ってもらったりしたときに「ありがとう」って言えなくなってることに悩んでる…。



私に対して手伝っていようと、私に関係なく手伝っていようと、
感謝の心は変わらないはずなのに、
感謝しているのは変わらないはずなのに、

意識しすぎてしまって、
「(ありがとうって言うのはおかしいのかもしれない…)」
「(もしありがとうって言ったら『お前の為じゃねーよ。気持ち悪いよ』って思われるかもしれない…)」
「(私が相手を好きな気持ち、ばれるかもしれない…)」
「(嫌な顔されるかもしれない…)」
って考えてしまい、結局何も言えないまま終わってしまう。


本当は言いたい。言いたくてたまらない。 





でも…。







どうしたらいいんだろう。






やっぱりおかしいかな・・・。




でも、決して私が、手伝ってもらうことに慣れちゃって当たり前になったから『手伝って当然』みたいになって言わなくなったとだけは思われたくないな…。



別に挨拶するしないなんて相手気づいてないかなぁ…。
なんとも思ってないかなぁ…。






私の、






考えすぎかなぁ…。

 










悩むよ…。
























    
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-19 (Sun)
2008_10_19_1.jpg




2008_10_19_2.jpg
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-16 (Thu)
2008_10_14_k.jpg
























あったことを思い出した順に書きます。
自分の記憶を、忘れないうちに書きとめておこうと思います。



?前の日曜日、好きな人の出勤予定日でした。
私は、その日曜日、
前回のブログにも書いたように、本当なら相手とシフト被る日でその日シフト入ってたのに誤って自ら無しにしてしまってた。
その前日の土曜日、自分のほうはシフト入ってて夜の8時まで働いてたんだけど、相手にどうしても会いたい・ひと目見たいって衝動に駆られて、なんとか口実つけて会えないか考えてた。

そうしたら、ふと来週のシフト記入締め切り日のことを思いついた。
うちの店のシフトの記入スパン(?)は一週間ごとで、毎週日曜日の終りまでに次の週(再来週?)の予定をシフト希望欄に書いておかなくてはならなくて、
自分は今回日曜日来ないからその日(土曜日)中に書いておかなくてはならなかった。
その日に書かなければ、次の日(その日は日曜日)バイト無くても書きに行かなくてはならない。
今回のその日曜日は、自分はシフト入ってないけど好きな人は入ってる予定だった。
私はその人に会いたい。
でもシフト入ってない。

だったら…


『(今日(土曜日に)シフトをわざと書かずに、明日の夜に書きに行けばいいんだ…)』



そう思った。

そうしたら、

「(私は別に変な理由とかやましいことなんてないんだからね…っ別に好きな人に会いに来たとかそんなんじゃなくて、ただシフト書かなきゃいけなかったから書きに来ただけなんだからね…っ勘違いしないでよね…っ)」っていう大義名分(?)が出来ると思った。

我ながら必死だし心汚い。


でも、バイト終わって制服から着替えた後、次の日のシフト表をちらりと見たら、
その日(日曜日)のシフトが変更されてた。
火曜日のときは、本来好きな人シフト入ってなかったのに、ある人とシフト交換してシフトが入ってたけど、
日曜日は、いつの間にかその同じ人とシフト交換してあって、
本来好きな人がシフトはいってたのに、その人と交換してシフトが無しになってた。

私は、折角会える口実ができたと思ったのに駄目になって、ちょっとショックだった。
でも、
好きな人の次のシフト予定欄を見ると、相手は私と同じで日曜日バイト入ってないのにシフトが一部未記入になっていて、書かなくちゃいけないのに書きに来なくちゃいけないみたいだった。
私は、その予定を書きに来る相手の時間と偶然被ることなんてないと思いつつ、完全に希望を捨てられなくて、一応シフトを記入しないで家に帰ってきた。
駄目もとで明日書きに行こうって思った。


でも、次の日になって、夜書きに行こうとしていた予定時間に近づいていくうちに、
「(やっぱ会えるわけ無いよ)」「(仮に会えたってどうしようもないじゃん…)」「(自分汚らわしい…。後ろめたい…)」「(もし行ってやっぱ会えなかったら虚しい…)」ってどんどん自己嫌悪に陥り、どんどん自信がなくなってきて、

結局、


書きに行かなかった。



あとで、店長からメールが来て、
シフト未記入の件について催促とともに少し叱られた。







?今週の火曜日(2日前)にあったこと


火曜日は、私、


シフト入ってない日だった。
 

好きな人は、

シフト入ってる日だった。









それを私は、知っていた。


















今期の火曜日は、大学の講義が11月の中旬まではその曜日は入ってないので、まるまる1日お休みの日だったりする。

だから、金曜日まで大学行ったら、土・日と休みで、月曜日頑張って大学行ったらまた次の日休みで、その日休んだら、あと3日頑張ればまた土日になり休み…とちょっと嬉しかったりする。
   


ちょっと話ずれたけど、
だから、バイトのシフトが入ってなかった今週の火曜日はまるまるお休みで。
私は午前中から名古屋に行っていた。






夕方4時近くになったころ、私は名古屋駅の近鉄パッセにいて、好きなブランドの服を試着していた。






そのとき、




不意にケータイのメール着信音。









発信元は、














…バイト先から。










私:「ッ!!!」






こんな時間に、急にメール。


これはもしや…。





私は高鳴る鼓動を抑えながらケータイを開いた。











そこには、






「今日、18時から21時まで出れませんか??」





の文字が…。

















心臓がドキイィッ!!!とした。





「(まさか、嘘、嘘でしょ???だ、だって、今日はそうでしょ??今日は、今日はあの人の日でしょ…!??)」






信じられなかった。








私は、ドキドキして困惑していたものの、




答えは既に決まってた。







イエスだ。











行くに決まってる。





突っ走る気持ちを抑えながら、私は「行きます」とメールを返した。







前も書いたけど、何となく店長には私があの人を想っていることに対してよく思われていない気がして、
本当は嬉しくてたまらないけどそれを悟られたらまずいかなとか私が相手のシフトを知ってると気づかれたら、ちょっとコワイとか色んな意味でヤバイかなと思い、何でもないフリを装って少し淡々とした文体で返した。







私は、急いで家に帰った。










家に着いて少し経ったとき、再びメールの着信があった。







ケータイを開けてみると、
そこには、以前にも記事に登場している「高校生の女の子」(今まで好きな人とその子と私の3人で夜
閉店後に何か食べようと決まってたときに、直前になってドタキャンしていた子)からの一通のメールがあった。


内容は、「ホントすみませ;;」って感じの。


どうやら私はその子の代理のようだった。





その子がこれなくなった理由は分からなかったので、私は「いえいえ、こちらこそありがとうございます^^ 事情は伺ってないのでよく分からないのですが、風邪とかなら身体に気をつけて・テストとかなら無理しない程度に頑張って下さいね^^」みたいなメールを返した。

返事は返ってこなかった。








そして、数時間後。










バイト先に向かうと、予想通り好きな人の原チャが駐車場に止まってた。






店長は、いなかった。










お客さんを除いて、二人きりだった。








その日は、ちょうどうちの店含む全国のチェーンで食べ放題企画と・約1キロもある大きなお好み焼きの販売開始初日だったので、
ルール説明やポス(ハンディ)の打ち方やラストオーダーの時間などいろんな説明を好きな人にしてもらえて、とてもドキドキしたとともに嬉しかった。



でも、日常会話とかはできず、何故かその後来た好きでも何でもないキッチンの男の子には笑いかけたり冗談を言えたりして、状況を現状維持どころか悪化(?悪化っていうか相手からしてみたら興味もなくてそんな気持ちすら起こらないかもしれないけど)させていた。

更に、しばらくしてもうひとりのホールのベテランな女の人が来たら、ますます話せなくて、


結局最後の最後までまともに話せず終わった。



















その日、あとから聞いた話なのだけど、






好きなひとは、高校生の女の子がずる休みしたくてしたんだって言ってた。




でも、高校生の女の子は、私の思い込みかもしれないけど、そういうことする子ではない気がするんだよね。






今までその子と一緒に働いてきて感じる印象というかその子の信念のイメージから考えると、
どんなときでも仕事をいい加減にする子じゃなかったし、たとえ仮にもし休みたいなって思う日があったとしても、常識とかモラルとか良心とかちゃんと持ってる子だからそういうことはしないと思うんだ。






でも好きな人は上記みたいに言ってた。





あと、好きな人は、

「店長には内緒ね。これ店長には内緒で交換してるから。
もし店長にばれたら多分あの子(=高校生の女の子)怒ると思う」

みたいなこと言ってた。



店長知ってると思うんだけど…どうなんだろ??






私に来たあのメールは店長からだよね…??









あと、


その次の日、
またバイトがあって、
高校生の女の子とシフトが被ってて会ったんだけど、


女の子は
「昨日はごめんなさーい。生理(痛)が酷くて大変でしたー」
みたいなことを言ってた。







何が本当なんだろう…?






なんか、真相を確かめたい気もするけど、してはいけない気もしてなんだかキツネにつままれたような感じだったりする…。








まぁ…





真相はどうであれ、予定外に好きな人に会うことが出来たんだから、






良かったんだけどね。











■『ひとり芝居』



『ひとり芝居』歌詞
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-14 (Tue)
2008_10_13_k.jpg




これ以上 泳げない 冷たい海で

悲しくて もう動けないよ

せめて ねえ 気づいてよ

いつもと違うって

泡に消えてく 前に














愛されていないって 思いたくない
あなたを失うのはこわいの
これ以上 それ以上 期待していても
傷つくだけと知っても…


愛されていないって 分かっているけど
あなたを失うのも恐いの
抱きしめてって言わなくちゃ 抱きしめてくれない
降られっぱなしの 恋でも…


愛されていないって わかっていても
あなたを信じ続けたいの
これ以上 それ以上 期待していても
傷つくだけだと知っても… 



                 「人魚の声」より





■しばたじゅんとわたし




『人魚の声』歌詞






私そのものなの…。





















もう…








やだよ。。。







苦しいよ。。。







どれだけ頑張っても 

どれだけもがいても



何も変わらないの…?






結果は何も変わらないの…?










まるで


助からない命を、延命し続けるように、






叶わない願いに、 




ずっとしがみついて。








分かっているのに、






それでも        しがみついて。






いつか





いつかきっと










いつかきっと





って…。


















私が手を離したら…  






すぐに終わっちゃう…。







手を離しても
  
 
手を        離さなくても







行きつく先は同じ。









それが、



遅いか早いか。





遅く来るか、 早く来るか、










それだけ…。

  











■『片想い』











私があなたのこと 愛してる気持ち

とっくに気づいてるクせに 気づかないフリしてる

時々 確かめさせるように わざとあの人の話をして

私を突き放すのね

何も求めていないのに



あなたに見つめられると 忘れそうになるの

先のない恋ということ

愛されてはいないこと

理屈でわかっていても 諦めきれないのは

どこかで期待している

あなたの心変わり




お願い 私から あなたを奪う気持ち  忘れさせて

歪んだこの恋を

貫ける勇気も   力もなにもない







■『後ろ姿』













振り向いてくれなくても 心配なんかしてくれなくても
あなたを信じていたいから  頑張っていたの…


不安で死にそうなのに 答えはとうに分かっているのに
どうして さよなら 言えないの?

大嫌い  こんな私





優しい顔で笑う あなたが好きだったの

私の片想いは   あなたの後ろ姿
こっちを向いて 振り向いてよ…

心から叫んでるのに


私が立ち止まろうとも 私が泣こうとも

気づかずに歩いてゆくの

遠くなる  私の恋人


 




* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-09 (Thu)
■近況?

この間コンビニにてチチヤスヨーグルトのジュースを衝動買いしてしまいました。

ここ最近はジュース等殆ど飲まなかったのですがパッケージの可愛さと私の大好きな味である「ヨーグルト系ドリンク」「乳飲料」に負けてしまいました。。。

つめ磨き付とか、とどめ刺されました。。。


■近況?

最近、リラックマにはまっています。

リラックマの存在を初めて知ったのは高校1~2年のときだったのですが、


当時はピンと来ず。他の人が可愛い可愛いと言っているのがあんまり理解できませんでした。





が…








最近ヤバイです。


何あの可愛さ。




王冠とかかぼちゃパンツだとかゴテゴテしすぎてるものはあんまり好きではないのだけど、ケーキとか持ってたり白いほうのコリラックマとかに弱く、ぬいぐるみなどいろいろと集めてたり。


現在愛車ウィットの座席にも大きなリラックマが同席しております。


最近は周りの人がちょこちょこグッズをくれたりして、大変ありがたいです。








うー…。



やっぱ可愛い。



b_2008_10_7.jpg




可愛いといえば、
そういえば最近ドアラにもはまっています。



自分はけしてドラゴンズファンでもなんでもないのですが、
あのキャラクター…可愛すぎる。。。



最近コラボパンとかデザートとか、DVDとか本とかいっぱいでてるけど、なんだか憎めないキャラでいいなぁ…。

Image203.jpg














あと、
『ドアラベーカリー』





■近況?

夏休みあたりからここ最近、動画サイトにて映画を(多分だけど不法に)見ることにはまっています。


ここ最近見たのは、

「ペネロピ」
「スーパーの女」
「舞妓Haaaan!!!」
「観察・永遠に君を見つめて」
「暗いところで待ち合わせ」
「タナカヒロシのすべて」

などなど…。


「暗いところで待ち合わせ」は個人的にオススメ。

原作自体の話も上手くできてると思うけど、それを映像化したこと・こんなことが実際に映像化できたことに驚き。


とってもいいテンポだし見ててドキドキする。







「舞妓Haaaan!!!」は落ち込んだときとかにオススメ。



下ネタもあるけど、ノリとか展開が馬鹿馬鹿しくて笑えるのでいろいろ考えたくないときとかパーッとあたまスッキリさせたいときはこんな映画はいいんじゃないかなぁ。



■近況(?) ?

電王、映画まさかの3作目出るらしいねー。



この間初めて知ってびっくり。





■唐突にアニメ「モノノ怪」の布教をしてみる。








いいっすよ。(何が?







この間、
大須にある某オタク系ショップに足を運んだら、
一階の総合カウンターみたいなところに薬売りの御仁の格好した綺麗な女レイヤーさんがいて、見惚れてしまいました・・・。

衣装とかメイクとか小道具とか、立ち振る舞いとかとにかく完璧で、

普段レイヤーさんにあんまり興味ない私でも、目茶苦茶かっこよくてドキッとしてしまいましたねー。






薬売りさん。いいよねー。


胡散臭さ最高。



このひねくれた感がなんとも・・・。






薬売りさんのかっこ良さや、作品の雰囲気・映像美が割と分かるMAD 












既にアニメ見たことある人なら分かってもらえると思う



































■こいのはなし






【その?】

ツンしました。






ツンっていうか・・・・





また自暴自棄になりました。







好きな人にあたりました。





すねたりもしました。







当然ですが…状況は悪くなりました。





はぁ…。











「ありがとう」…が、言えない。


「ごめんなさい」…が、 言えない。




自分の気持ちを素直にあらわすことが、できない。







思っていても、

…言えない。




そんなこと思ってなくても、

…言い方間違えて嫌な言い方やおかしいニュアンスになって誤解されちゃう。




伝えたいことを伝えようとすると、

…テンパッてわけの分からないことやキモいことを口走る。





他の子と喋ってると、

…その輪に入れない。




そのときその子と盛り上がってると、

…自然と避けちゃう。

その場から遠のくだけならまだいいけど、

拗ねて好きな人にあたっちゃう。








いつも出勤前は「今日は頑張って笑うぞ!好きな人にいっぱい笑いかけるぞ!」って意気込んでくのに、

…いざとなったら笑えない。
笑えてもすごくぎこちなくて口元引きつってる。



最初の顔合わせ時の「おはようございます」で相手の表情が無表情だったりむすっとしてたり態度がそっけなかったりすると、
もう駄目。
出鼻くじかれて、たちまち恐くなって、ビビッちゃって、

涙目。
ガーンってなる。
なけなしの自信が喪失。




相手の役に立とうとしたり、相手にちゃんと仕事できる人のように見てもらえるよう頑張ると、



盛大に
…空回り。

大失敗続出。


役に立たない。



余計に仕事増やすことになる。




大迷惑になる。










はぁ…。


そもそも要領悪すぎなんだよ自分…。







ニコリとも笑えないで話しかけることも出来ず、ヤキモチやいて、ムスっとして、








なんなんだよ何がしたいんだよ私は…。

はぁ…。












私の考えてることとか思ってること・喋ったことの真意を翻訳して相手に伝えてくれる「バウリンガル」
ならぬ「オウリンガル」とか無いかなぁ。

あったら冗談抜きでホント欲しいんですけど。。。






【その?】


依然占いにはまり中。




恋すると…ね…。




最近は、こんなのも。

c_2008_10_7.jpg




たかが生まれた日の違いだけなのに、なんか当たってる…
 
『シーズン占い』





【その3】


?『愛をする人』

?「これでよかったんです…」











【その4】









a_2008_10_8.jpg




b_2008_10_8.jpg


c_2008_10_8.jpg





【その5】


昨日あったこととその前後にあったこと。





火曜日、バイト入ってました。


その前の金・土・日、 相手にあたりました。
              攻撃したりしました。
              気を使ってくれてる相手の気持ちを、切り捨てました。



今週になり、

今週相手に会えるのは次の日曜日だけでした。

でも、手違いで自分のミスでその日曜日のシフトを、4日前の日曜日に自ら消してしまいました。


まるまる一週間は会えないようになりました。





それに気がついたのが、火曜日でした。






出勤直後シフト表を見て、愕然としました。







その火曜日は、


好きな人と会えない日でした。






キッチンは、2つ下の後輩であり弟のもと友達である人がその日担当していました。







私は、とても沈んだ気持ちでいました。





その人が出勤する時間は、6時半位でした。






とっても憂鬱でした。






                 



6時20分位になりました。









誰かがキッチンのほうから入ってきました。







こちらのほうに歩いてきます。








通路途中にある、ドリンクバーのコーナーで補充をしていた私は、足跡と気配が2メートル近くまで近づいてきていたとき、そちらのほうを振り返りました。


そこにいたのは…




















好きな人でした。







私「…!?お、ぉハようございます…;」





相手「おはようございます…




なんだか、様子が変でした。








私の気のせいかもしれないのですが、



疲れていたり弱っているような元気が無い感じで、落ち込んでいるような、、悲しそうな、

でも何かを言いたそうな、何かあるような目をしている感じもしました。



何かがおかしいのです。



何故だか分からないけど、少し怯えた目をしているようにも感じました。


覇気も無いし、大体いつもだったら、
もっとムスっとした表情と鋭い目つきで、チラッというかジロッと私のほうを見たと思ったら
そっけない感じで無表情のまま「おはようございます」って言ってツカツカ行ってしまうのに、そのときは何かが違いました。








暫くすると、好きなひとは制服姿で現れタイムカードを切ってキッチンに入っていきました。





私”「(なんで好きな人が…?!?)」”


とても不思議でした。







本来の入るはずだった人には、実はわたしその30分前に最寄り駅で姿を見ていたのです。

同じ方向に帰るところだったのですが、用事があるとか忙しそうにはとても見えませんでした。









相変わらず好きなひとの空気はいつもと変わっていました。





私は、
「何か話しかけてみようかな…」という考えと「いや、落ち込んでるときにはあまりしつこくしたりしないほうがいいかもしれない。放っておいて欲しいかもしれないし…」という考えの間で揺れていた。


そして何より、
たまたまとか偶然ならいいけど、何かあったのか少し心配で、
私に出来ることなんてほとんどないかもしれないけど、
少しでも好きな人の力になれたら・少しでも好きな人の心を軽く(?)することができたら…って思った。


聞きたかった。

「何があったんですか…?」って。

でも、もし、踏み込んではならない領域やことだったら困らせてしまうと思い、




私は、悩んだ挙句、



結局





口を開いた。






私「ァ…、ぁの…!」









好きな人は、少し嫌そうな顔をして「何ですか?」と聞いた。







私「た、た、体調とか、大丈夫ですか!??ここ数日、なんかいつも咳してますよね…っ」












好きなひとは、













目が一瞬鋭くひかり、
あざ笑うような、皮肉に感じているような、歪んだ表情をして、






「…。そうですカ? 気のせいなんじゃないですか」と。











とても冷たく乾いた笑みを浮かべて、しらを切り会話を終わらせた。













そのあとは、
威圧感に圧倒されたり他の女の子が来たり、私がお店で備品を誤って壊してしまい話をする雰囲気や自分の中での勇気もなく、 
終わっちゃった。









悲しいな…。












【その6】






a_2008_10_7.jpg









ここ最近ずっと眺めてる。






女々しいとか思われるかもしれないし、
キモイかもしれないけど、


私にとっては





とても大切なもの。





















あのときのあなたと、いまのあなた。








信じていては、駄目ですか?









ずっと   

ずっと






信じていては、駄目ですか…?














好きなの…。














大好きなんです…。
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-04 (Sat)
今回もまたいつもの如くフルボッコにされたユヅキがきましたよっと…。

なんなんだろねー…。


報われない…な…。






全く範疇外というわけではなさそうなのは確かなんだけどね。





依然として相手のほうが「立場」が上というか。



まるで『俺はいつでも”切る”ことが出来るんだぞ』というか。
『キープちゃん』というか。





あとさ、

私は会えたり少しの時間一緒に入れるだけで嬉しかったりいろいろ思うけど、




相手は何でもなさそう。




どうでもよさそう。






必要性をあんまり感じてないみたい。









私と相手が考えてること・お互いにとっての相手がいることの重要性、





全然違うみたい。










今日だって朝(夕方)出勤して顔見たときが良い例。





私は嬉しいけど超緊張って感じで挨拶したけど、



相手機嫌悪くてバッサリと両断。



気だるそうっていうか『(メンドクセ…)』みたいな。





あっはっはー ゴメンね~(笑) (棒読み






どうせそんな気分じゃなかったよねー (棒読み



どうでもいいって感じだよねー。 (棒読み







むしろ『ウッセ。話しかけんな』って感じですかー??  (棒読み




 






まーた自分ひとり舞い上がってたみたいだなぁ。


バーカみたい。





なんかもう疲れてくるよ~。








『ご機嫌伺い』ってわけじゃないけど、







なんか自分だけ馬鹿やってる気がするなぁー。






とても不毛なことやってる気がするんだよね…。








精神すり減ってまで、相手の機嫌によって変わる態度にビクビクしてまで、私は何がしたいんだろー。






会えば会うほど、自分のことがどんどん嫌いになる。






恋する気持ちが続けば続くほど、自分がどんどん大嫌いになっていく。







このままでいいんだろかー




なんて。









クリスマスとかも少しずつ近づいてきているし、付き合ってくれる確率も少しは上がってくるかもしれないけどさ、




もし仮に上手くいったとしても、



『まぁ付き合ってやってもいいか』というか、


『誰でもいいし、正直コイツ微妙って感じだけど、ま、背に腹は変えられんしな。コイツで手を打っとくか』
というか。






『イベント時専用彼女』みたいな? あははー(笑) (棒読み 




私の場合だったら


”○○様”にお付き合いをさ せ て い た だ く というか、
恐れ多くも彼 女 に さ せ て い た だ く というか、





どんだけ自分立場低いんだよー みたいな。




ホントどんだけ~??







ま、

悪いのは相手じゃなくて自分か。 







自分が「良くない」からこうなるのだろう。







あははw







笑えるw










ほんと、 お も し ろ すぎる。






こんなに面白いんだから、

もういっそこの『結末』も面白くしたいわ。






もし面白く終わらせることができた暁には、 





わたしのすきなひと。 





あなたも笑ってね?

















ちょっと
精神的にキてしまってるユヅキオウリでした。




愚痴ばっかでごめんなさい…。








また、なけなしの勇気と気力、充電して、




頑張るから・・・・






私は…  まだ…









死んでは…


* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。