123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-01-22 (Thu)

さいきん



「そう」と「うつ」を繰り返してたりします。






躁と鬱っていうか、




…奮起と自己嫌悪?^^






自分ダメだ^^;

少しでも思考する時間を与えると、すーぐ悶々と考え込んじゃって悩んじゃう^^;


考えたって意味ないよって、
     考えるほどの悩むほどのことじゃないだろって、

悩む前にもう『結論』でてるだろ…って・「決着」ついてるんだからいい加減にしろって、



分かっちゃいるけど、 馬鹿なんだよなぁ…。




ほんっと、
自分でもやになっちゃうよ。




自分でもバカなほど「悶々」を繰り返して、

「悶々」がやーっと終わったなーって思ったら、




今度はすーぐ「めそめそ」してやんの。





助けを求めて、
救いを求めて、
優しさを求めて、

手を差しのべてくれることを求めて、
     迎えに来てくれることを求めて、




ずっと受身で、
自分では何も出来なくて・しようとしなくて、


ずっとずっと泣いてばかり。


”たすけて”
”たすけて…”って、




いつまでそうやって惨めに泣いてるの?

いつまでそうやって助け求めてるの?




助けなんてないんだよ。
救いなんてないんだよ。


誰が助けてくれるというの???

誰も助けてなんてくれないんだよ。
自分でどうにかするしかないんだよ。







ずっと泣いてる自分に嫌気がさして、
自分らしくなさに嫌悪感がして、


精神疲れてて力ないけど無理して奮起してカラ元気だすんだけど、




カラ元気って、出してるときはいいんだよ。


問題は出したあと。




カラ元気を出せば出すほど、長く続ければ続けるほど、

”楽しくあれ””明るくあれ”と努めれば努めるほど、





だした後、

 
     …「反動」が大きい。





から元気で過ごしたあと、
家に帰って自室に着き、コートや荷物などをおろして椅子に座ったりしてふと落ち着いたりすると、




たちまち「ソレ」はやってくる。






無力感
虚無感
自暴自棄
自己嫌悪
哀しみ
自分への疑問感



いろんなものが、一度にぐわーっと押し寄せてきて、

飲み込まれる。





しかもタチが悪いのは、


「カラ元気」やった時間よりも、

「カラ元気」をやったことによる・そのあとの「うつ症状」のほうが、




「カラ元気」をやった数時間よりも断然長いってこと。

                   ずっと続くってこと。






感覚としては、


「カラ元気/Full 1日」 : 「鬱/約3日」 



みたいなw



なんなんだよもうw


不公平(?)っていうかバランスが最悪すぎるww



対価が大きすぎるww







その鬱の期間が続いて、

それじゃ駄目だろって思って、

奮起して、



で、またカラ元気出して、




カラ元気を出すからまた当然の如く「うつ」がやってくる…と。





なにこの流れ(^-^)




あーもー…。


 
      
















他のひとは知ってるかわからないけど、

       気づいているかわからないけど、





わたしには

「弱い自分」と「強い自分」がいる。



「穏やかな自分」と「サバサバして冷たい自分」。

「まわりと調和しようとする自分」と「自分だけで突き進もうとする自分」。



いつも他人に依存して、助けを求めてめそめそ泣いてる、
気の小さな弱い自分と、





他人を信用していない、信じられるのは自分だけだと自分にあだなすものをすべて排除し損得だけで行動する
ドライで冷たい自分。




どちらも「わたし」であり、
「二重人格」でも、「性格を作っている」わけでもないけれど、



存在比率的には 

「弱い自分」7:「強い自分」3

みたいな感じだったりする。



通常は、「弱い自分」で動いているけれど、


弱い自分ではいけないし、弱い自分が物事に耐えられなくなって消えそうになったとき、
「強い(?)自分」が現れる。 




どちらの自分が正しいとか、悪いとかっていうのは分からないし決められるものでもないと思うけど、


でも、

性格があまりにも違うから、他のひとはギャップに恐く感じるみたい。









さいきんは、



「弱い自分」と「強い自分」が入り乱れてる。





二人の自分がぐちゃぐちゃに現れる。










なんだかなぁ・・・。





================


○ひとつめの「Pray」






■すきなひとのこと





やっぱね、




私はダメだとおもう。





私ってホント嘘つきだし自己中^^;









やっぱりね、




私は好きな人のそばにいちゃいけないとおもう。







甘えちゃうんだ。







どれだけあの人が無理しててもね、

どれだけあの人がかわいそうだと思って気を使って下さってるだけと分かっていてもね、


どれだけあの人が苦しそうな顔を一瞬したのを見逃さなくてもね、









私って最悪な女なんだ。








わたしはあのひとの「やさしさ」に依存してしまう。




甘えちゃうんだ。












やっぱり好きな人には今後ものごとは少しでも頼らないようにしないといけないと思った。





そうしないと、





ほんの少しのココロのスキマから、



ポロポロポロポロと「甘え」とか「未練」とかいろんなものがこぼれてしまって、


「少しなら」とか「これもこれも」とか

自分に甘すぎる私は

どんどんどんどん背中にのしかかって依存してしまうんだ。






好きな人に心を許したら駄目だ。






この感情は、私の心はがんじがらめにして、絶対にださないようにしないと駄目だ。






好きな人なんかに頼っちゃいけない。




自分で何とかしないといけないんだ。




























最近は、自分の心にわざとあら塩を塗りつけるようなことをしてたりする。




もちろん、相手の迷惑にならない範囲でね^^;



わざと自分をつらい状況に立たせて、
わざと辛いシチュエーション作って、
思い出したくないことをわざと心に思い出させて、


心に分からせようとしてたりする。

『…。 …だから、無理なんだよ。』
『ホラ、今見たでしょ?? あれが本来の姿であり、ふさわしいことなんだよ。』
『いつまですがってるの? ホラ。逃げるんじゃない。 ちゃんと現実を直視するんだ』



分からせようというか、
わざと自分に辛いものを見せて、何も知らなかった昔の幸せだった記憶を『好きな人の記憶=辛い記憶』と認識させて近づかないようにさせようというか、

自分に、『ほら、辛い…でしょう? 辛いってことはやっぱり上手くいかないってことなんだよ。』って暗示をかけてるというか
頭の中で合理化をさせて必死に諦めさせようとしていたりする。


















すきなひとは優しい。






とても。


とても。




優しくて・・・




…泣きたくなるほどに。













泣きたいっていうのはね、嫌だっていう意味じゃないよ。





この間の状態に戻ったりするのだったら、

それならずっと今の状態でいてほしい。





私はきっと今、すごく贅沢なんだ。









たぶん今ってすごく幸せなの。







好きなひとが私なんかに気を使ってくれて、




昔の、何でもなかった普通の関係に戻れるように頑張ってくれてて、




私といても気まずかったりめんどくさいだろうと思うのに、
穏やかな空気で接してくれて、普通を装って接してくれているんだ。

ときに、仕事会話だって話しかけてくれるときもある。




これほど幸せなことってある?










この間のときは、
もうこんな日々は絶対に来ないんじゃないかと思ってた。


私が勝手に想いをおしつけて、答えをせまって、関係をぶっ壊して、

それなのに。。。







それが今・・・。






贅沢すぎるよ。


























でも…







…。









私は…すごく感謝している…。



とても…嬉しいよ…。




嬉しいの…。










でも、…






その「嬉しい」という感情に…





何か別の「嬉しい」が混じっているのは何故だろう…?



純粋な「嬉しい」の片隅に、とても小さな、

”純粋でない”「嬉しい」が混ざっているのは何故だろう…?










ものすごく、


申し訳ない…。



早く忘れなきゃって思っているのに、
自分のしなきゃいけないこと、ちゃんと分かってるのに、







本当に、

申し訳なさ過ぎる・・・・。































だけど、

その「嬉しい」の直後に、




自分がそんな違う『嬉しい』を感じていることに、とても悲しくるのも事実・・・。









ひとつは、

人が折角努力してくださっているのに、それが分かっているのに
その恩を、その厚意を
私はまた踏みにじって違うことを考えているということに対する相手への申し訳なさと、自分への呆れ。








もうひとつは、

私がその違う「嬉しい」を思ったところで、その感情を・その願いを、

どうすることもできない・私にはもうどうにもできない苦しみ。

この「嬉しい」には、やり場がない/この感情には、やり場もなければ先もないという…感情。







そして、最後のひとつは、


今挙げた上の二つが分かっていて、理解していて尚且つ、

それでも私は、

それでもなお

「(嬉しい)」…と感じてしまうこと。





すごく悲しいけど…なんだか自分に対して、愚かすぎて呆れ笑いすら出てくる。


ほんっと、





馬鹿だよ…( ̄ー ̄   










大馬鹿者だ・・・・。




































それでも



やっぱり、



「嬉しい」は・・・・駄目だよなぁって思う。



最近は「嬉しい」が心の中を侵食しはじめてるし。



振られてるのにだよ?^^
ほんと自分って馬鹿( ´ー`)

馬鹿以外の何物でもないと思う( ´ー`)












まぁでも、






でも(?)多分大丈夫。




たぶんすぐに現実にはたかれて、この燻火も枯れるだろうから^^








それに、
私の、相手から見た印象って絶対どんどんと悪くなってるだろうなって最近思うんだよね。



多分「めんどくさい奴」で、「重い奴」で、「ストレスたまる」って内心では思われてるよ。


シフトとかかぶれば、「(あぁ面倒だな・・・)」ってきっと思われてる。

かぶらなければ、「(よかった…)」ってホッとされてるんだろうな。





最近ありがとうも全く言えなくなっちゃったしね。


まぁ、その「ありがとう」だって、
別に相手は私の為にやってるわけでもないし、店の状況的にとかでやってくださっているだけだと思うから、「ありがとう」なんて私から言われてもキツいだけかもしれない^^;

でもそれでも、
自分の仕事終わったのに手伝ってくれたり、自分が(私のほうね)忙しくて動けなくてどうしても困ってるときに手伝ってもらえると
どうしても「ありがとう」って伝えたくなるけど、

私ね、自信がないんだ。




何の自信だと思う?^^






純粋な気持ちだけで、
「ありがとう」って言える自信が、なんだ・・・^^;



普段自分自身いままでのことをリセットしようとしてるし、
誤魔化してるっていうよりは気持ちを落ち着かせようと努力してて諦めようとしてるから、

最近は通常時はわりと穏やかに普通に接せれるようになっていると思う。

過度な接触をしなければ、「普通モード」でいられる。
話しかけられても、急とか不意にとかでなければ応対することも一応はできる。



でもね、

自分からの接触は…まだ駄目なんだ^^;


やっぱり、意図してなくても・伝えたいとも思ってなくても、

違う「感情」が表情に・声音に混じってしまうんだ。


声にね、「色彩」が入ってしまう^^;



わざとその色を「黒」にしようとか、「グレー」や寒色にしようとかは思ってないけど、
でもね、できれば特に明るくはない普通の色で、淡色か単色でいたかったんだ^^;


「平静」でいたかったんだ^^;







それは、

「平静」「冷静」でないと、
いつまた自分の中で閉じこもってる「存在」が目覚めてしまうか分からないという「不安」(自分のことなのにね^^;自分なのに分からなくて自分に恐れてるなんて馬鹿だよね^^;)もあるし、


そんな色でないと相手をまた苦しめたり恐がらせてしまうだろうという「申し訳なさ」でもあるし、


相手の嫌がる顔・表情の強張る顔を見てこれ以上もう傷つきたくないという自分の中の「恐れ」でもある。








最近はそんなかんじで、ありがとうも殆ど言えなくなってしまったの^^;





あとね、


最近それにプラスして、「可愛げ」も無くなってるかなw^^;







いや、「可愛げ」自体
私にはもともとゲージが足りないんだけどね^^;


ただでさえ足りないのに、最近は多分もっとなくなってしまった^^;



「(意識しないように…意識しないように…)」とか、「(甘えちゃダメだ・・・自分でやらないと…っ)」とか、「(あ!今おもわず相手に笑いかけてしまったけど、大丈夫だったかな;;変な感情、混じってないよね…?;;)」とか
考えれば考えるほど、きれいに(=自然に)笑ったり話したり出来なくて、


変な感情混じって失敗するくらいだったら、笑ったり自分の感情を出す・「機会」すらを、(避けるまでいかないけど自らチャンスは作らなかったり初めから回避することができる程度に)、減らしてしまえばいいんじゃないか・・・?とか思ってしまう。


「色」の混ざった会話で相手の心を重くさせる(=苦しめる)くらいだったら、
「可愛げのない奴」とか「つまらない奴」って思われて自分の評価を下げることになっても、相手をムッとさせることで済むだけのほうがいいんじゃないか・・・?とか思う。


ダメだなぁ・・・w













なんかますます、相手の「好み」から離れていってる気がする^^




まぁ…
近づいたところで私にはどうもしようもないから、いいといえばいいし多分私には関係ないことなのだろうけどね^^;           







     最近考えたの。








店長は好きな人のことを、ずっと前「年下好き」って言ってたし、

10日位前のときだって、なんかの話題のときに似たような話がでて、
他の人も「見ればすぐ分かるよね。すごい好きだよね」「多分これからもずっとそうだよね」みたいなこと言ってた。

私はそのとき、「そうなんだー」とかも言えず、
そこがおかしいところかどうかも分からないけどとりあえず普通でいなきゃと思ってハハハ~^^って笑っていたけど、


あのあとポツリポツリとだけど、少しだけ考えてた。








みんなはあの人のことを「年下が好き」って言うし、
実際確かに見てるとそんな気もするし、
私も最近そう思うけど、


そもそも「年下が好き」はいいけど




『年下』って、どういうことなんだろう…?





「年下」っていうけど、

それは単に単純に「生まれた日が自分よりも後のほうが(数字的とかの理由で)なんとなくいい」とかいうワケじゃないよね…?



年が単に下であれば何でもいいっていうわけじゃないだろうし、数字の問題じゃないと思ったんだ。

もっと、「年下」っていうのはきっと抽象的なもので、
あるキーワード(ポイント)を示す一種の『象徴』なんじゃないか・・・?って思ったの。






じゃあ、




その彼のいう、彼の望む
その「年下」っていう条件の、



『年下』の定義とは何か・・・?








ちょっと考えてみた。











そしたらね、






間違ってるかもしれないけど、
違うのかもしれないけど、





ある仮説に思い至ったんだ。






それはね。





彼の望む『年下』、その『としした』っていうのは、多分

















    自分のことを慕ってくれて、自分のことを頼りにしてくれて、
    ときに自分のことを、男として、一歩下がって立ててくれる存在。

       ”妹”みたいに、思わず守ってあげたくなる存在。
              そして、無邪気で素直で、明るく笑っている存在。

だけど、
そんな子なんだけど、そして自分は男としてリードできる存在でいるつもりだけど、
心のデリケートな部分では、内面的・精神的な面では、
自分をときに少しだけ甘えさせてくれる優しさや、自分を見守っていてくれる母性というか女性らしさ・強さみたいなものを併せ持っていて、

上から目線でも、厳しく冷めた物言いでもなくて、
逆に、見上げすぎる目線でも、完全に「おんぶにだっこ」というわけでもなく自立していて、

 
       優しく笑いながら、
           ときに少しだけ自分をいさめてくれる様な存在。
           冗談交じりで、自分にダメだしをしてくれるような存在。   』







かれが望むのは、



そんな女の子なのではないだろうか・・・・?って思ったの。




多分、彼が望むのは、 ・・・そんな存在。












あはは…^^







わたし全然違うね(*^-^*)















あとはその中に、


『話しの合う子』 『自分とベクトルが同じの子』 『気を使わなくていい子/話してると楽しい子』

っていう基本キーワードが、入るんだ(*゜ー^*)


あと、『若くてかわいい子』っていうのも入る(^▽^)







基本キーワードていうか今の3つ(4つ)じゃなくても、
さっき挙げた「年下」の定理っていうのは別にあの人だけが思っている特殊なこととかじゃなくて、


多分世の中のどの男の人も、
多かれ少なかれ多少考え方に違いはあるけれど、心の奥底で思っている心理であると思うんだ。




女の人の、「やさしいひとがいい」とか「頼りになる人がいい」とか「背の高い人がいい」とかみたいにね^^








だから別に、特に変わったことじゃない。


むしろこれが普通なんじゃないだろうかって思うんだ。

















でも悲しいな^^















やっぱり自分、全然駄目だもの^^






これじゃいくら(ひとり勝手に)頑張ったって、追いかけたって、



無理なはずだね(*^-^*)












やっぱり私は、
下がってるしかないよ^^



   






最近ね、今の恋(今っていうかもう終わってるけど)のことで
これから先のことを想像してみてるんだけどね、

やっぱり未来なんてないなぁって思うの。


今の人の恋もそうだけど、
恋だけじゃなく、今のバイト先で働くことについてもね。
この先続けてもあんまりいい未来は見えてこないんだ^^;

だからそれならすぐ「やめますか?」っていうと、それもまた難しい話で、
簡単に「はい、じゃあそうします」っていうわけにもいかないんだけどね;





恋のことでいうなら、

私がこの先ね、この想いをくすぶらせ続ければ続けるほど、
どんどん状況は厳しいものになって苦しくなっていくと思うんだ。



早い例で言うなら、目下に迫っている「バレンタインデー」がそう。

もうシフト表を早いうちに書いてきてしまったけど、
私はバレンタインの前後はバイト入れられなくなってしまった。

あ、別にわざわざ入れたいわけでもないけどね…?
とりあえずバレンタイン近くの日のシフトは入らないように記入してきた。



バレンタインにさ、シフトなんて入れないよ。

だってそうでしょ?
もし私がバレンタインの日にシフト入っちゃって、相手もその日シフト入っちゃったら(ホールの私はともかく相手はキッチンが2人しかいないから2分の一の確率)、
私がチョコを持ってくるんじゃないだろうかって相手は不安でしょう。
私がチョコを持って来なくても、「この人俺のことすきだったんだよな…」とか、
”バレンタインデーの日に、振った相手と振られた相手が1日過ごす”とか年末のクリスマスじゃあるまいし、目茶苦茶気まずいでしょう?
むしろあのときは、「聖夜」というイメージはあってもプレゼントを渡す渡さないは恋人同士じゃないと発生しなかったから良かったけど、今回は思いきり「恋」を謳ってる。「恋人」達の日でもあるけど、むしろ「告白」のほうが大きいのでは…??
そんな日に会うとか、無謀すぎるでしょう。

私がチョコを持って来なくても(来なくてもっていうか、普通に考えて持って来ないけど)、多分、ホールの他の女の子が義理チョコを持ってくるかもしれない。
そうしたら、私がいたら、相手は普通には受け取れないわ。
その女の子が悪いわけでも、チョコが嫌いなわけでも何でもないから、多分相手は受け取ると思う。
でも、多分私と相手・相当気まずいと思うんだ。
そして私も、そのチョコに特に意味はないと分かってはいても、多分精神的にズタズタになると思うんだ。
「あの日」が良い例かもしれない。
「あの日」はズタズタとかそんなことはなかったけど、ちょっとだけ傷ついたな^^;



逆に、私がシフトに入ってて、相手が入ってなくても、
それはそれで私は苦痛だったりするんだ。

なぜなら、
・・・疑心暗鬼をしてしまうから。
疑心暗鬼も嫉妬もなにも、お門違いで私にはそんなことする権利もないししたところで意味もないんだけどね^^;
でも多分無意識的にしてしまって、苦痛になるんだろうな^^;



だけど、

まさか相手に「シフト入らないほうがいいですよね」とか相談するわけにもいかないし(しようとも思わないけどね;)、

「事情」知らない店長に「シフト変えてください」とか「被らないようにしてください」っていうわけにもいかない。





だったら、

私から、 

「引く」しかないんじゃないかなって思ったの。


確か相手のほうは、バレンタインの日はシフト一応入れるようにしていた気がする。
それならば、私のほうから引くのが懸命なんじゃないかなって思ったんだ。

そうすれば、相手だって多分ホッとして安心してくれると思うし、それを望んでるとも思うんだ。
そして私も… ううん、私が、…

苦しまなくて済むと思ったの・・・・。



一番”大人”な選択は、私が早く気持ちを入れ替えて、バレンタインデーもシフトに出ることかもしれない。表情を変えずに穏やかにいれること・素直に喜べることが一番かもしれない。

でもごめん…私まだそんな”大人”にはなれないみたいなんだ・・・(*ノー^;)

ごめんね…?;;


もう諦めてるのに、再リベンジしようとかも思えないのに、
それでもまだ、嫉妬心だけは消せないんだ・・・。




嫉妬心とか、バレンタインのことでいうなら、
話は例外になるけれどこんな辛いこともある。
ものすごく心の汚い話になるけれど、もしよかったら聞いてね。

私は、相手とバレンタインが過ごせても過ごせなくてもどちらも辛いしそれも苦しいけど、
多分私は、それがなくても苦しいの。

それはね、
私のお姉さんに、前日と当日、バレンタインのことで手伝ってあげなくてはならないこと^^;

私のお姉さんには彼氏がいるんだけどね、
いつもデートのときとか・誕生日のときとか、イベントごとのときとか、
デートにきて行く服とか髪型、持って行くプレゼント・料理などいろんなものを手伝ってって頼まれるんだ^^;
お姉さんいわく、私は一応美術科で美的センスがあるから、そのセンスがある人にチェックしてもらいたいんだって^^;

あとはお姉さんの場合、彼のほうから告白されて、今もその立場は変わってないから、よくデートとかプレゼントの内容とか、めんどくさがってたりするんだ。
「今年無しで良いかなぁ?w」なんてセリフ、一体何回聞いただろう^^;
その度に、お姉さんの彼と私の立場がなんだか被ってしまって、「いや、それはないでしょう!?^^;」
とかいって私が選んだりチェックとかしているうちに、いつのまにかいつも手伝う流れになってしまった。

私も別に、いつもはいいよって普通に手伝ったりするし、多分今年のバレンタインもそうすると思う。
去年のクリスマスだってそうした^^;

でもね、


多分今度のは、今までで一番辛い日になると思う^^;

自分は行けないけど、
デートに行く服を決めて、髪型を決めて、「明日はどこどこにいくんだー」っていう話を聞いて、
自分の為ではないチョコを作って(正確には、手伝いつつ、作っている人の横で見る…かな)、
「わたし今夜夜ご飯いらないからー」っていう言葉を間近で聞いて、
去年と同じくお姉さんの彼氏が家までお姉さんを迎えに来て、

二人を見ながら笑いながら「いってらっしゃい^^」って言ってお見送り…^^


去年もあった事なのに去年と同じことなのに、
チョコとか関係なければいつもあることなのに、

多分次のバレンタインは一番辛く感じるかもしれない…^^



駄目だね。
ほんっと心汚いよね。お姉さんとか全然関係ないのに。
やつあたりもいいとこだよね。
嫉妬とか、どうして私は心穏やかに応援することができないんだろう??
純粋に祝ってあげることが出来ないのだろう???

だから、こんなだから駄目なんだよ。
こんな心が汚いから、駄目なんだ。








でも、




たぶん




             「どうして…?」






って考えてしまうんだよ。



考えても意味のないこと。どうしようもないこと。
普段は考えないようにしてること。

でも、


考えてしまうんだ…。











その「どうして」に、

みんなはこう言う。





「●●(=私)はね、いつも追いかけてしまうからいけないんだよ」



「●●もさ、自分を愛してくれる人にしなよ。
わたしから見れば、どうしていつもそんなことばっかりしてるのか意味が分からないw 
自分を愛してくれる人がいる・たとえ自分が本当に好きな人ではなくても、自分を愛してくれる人がいるんだったら、その人にすれば良いじゃん^^ その人だったら、自分は好きじゃないかもしれないけど自分のことをだれよりも大切にしてくれるよ?♪
自分を好きだって言ってくれる人にリードされて・愛されて、何が不満なの?^^
●●ももっと「らくちんな恋」をすればいいのに(*'∇')」 



「●●(私の苗字)ちゃんはさ、きっと     『愛される』よりも『愛したい』人なんだよ。
もともと愛されるっていうこと自体一般的にはそうたくさんあることじゃないのに、
●●ちゃんの場合はそのなかから、
『愛されている』上にさらに自分もその人を『愛している』という、
『両思い』という奇跡にも近いことを望んでいるから、恋が実らないんだよ。
世の中のみんなはもっと簡単に恋を捉えているし、『両思い』なんてほとんどないよ?w
みんな世の中「妥協」だよ?ww「妥協」しときなよwww」














「妥協」…







みんな・・・ そうなのかな…。






みんなはそれでいいの…?







お姉さんの彼もそう。

多分あの人は分かっていると思う。

それでも尚、お姉さんについていくのは何故…?

その人が愛してくれなくても、そばにいてくれるというのだから良いということ…?
それなら幸せなの…?
それとも、むしろ、お姉さんだけでなく、彼も違う意味で「妥協」しているの…?






みんな「妥協」なの・・・?

















「らくちんな恋」って何だろう…?






わたしもその「らくちんな恋」をすれば、






「幸せ」になれるの…?
今のこの苦しみから、救われるの…??













他の人も、
私のことを今想ってくれてる人も…





それでいいの…?




それで…   


本当にいいの…??















…ってごめん。


話が脱線しちゃったね。



バイトとか、今の恋の話に戻るね。




今の私の恋は、この先続ければ続けるほど、

行き場をなくし、
出口をなくし、
救いもなく、
追い詰められるだけで、
現実をまざまざと見せ付けられて、

心が死んでいくだけだと思うの。







私が想いを捨てれなくてくすぶり続ければ続けるほど、


相手は警戒し、避け、次第にめんどくさくなっていき嫌われていく。



日々は過ぎ、あと1ヶ月あまりもすれば、
3月になり、
現在のバイト内での最年長の子が卒業していく。

次の最年長は、…私なの。

いま、好きな人とは同学年だけど、それは私が一年浪人したからであって、
もう、今の先輩がバイトを辞めてしまったら、次はいないんだ。

もうひと月経ち、4月になれば、
次の新しいメンバーがたくさん入ってくるようになる。
でも、たいてい入ってくるのは、新しい大学新1年生だよ。
「年下」しか入ってこないんだ。

4月じゃなくてもそう。
これから先、私と同年齢とか私よりも年上の人が入ってくることなんてまずありえない。
だって、本来なら私の年の子は、就活やってる時期だから。

来年なんてもっと悲惨だわ。
私は4年生だけど、私の年の子はみんな大学卒業して働き始めてる年で、
ますます浮いてしまう。
ますます「年長」になってしまう。


ずーっと私は「年上」で、「最年長」で、立場はずっと変わらない。
変わるのは、顔つきとか、若さが損なわれていくということだけだわ。


それなのに、入ってくるのはずっと「年下」の子で、
    新しい「年下」が入ってくるたび、私がもしこの今の想いを続けるのなら、
  そのたびに私は嫉妬して、ヒヤヒヤして、泣き続けることになる。

でもそうしたって、何も変わらなくて、
変わらないどころか、好きな人にはますますめんどくさがられて、
さらに、若くもない「年上」が、しつこく付きまとって、
みっともないし気持ち悪がられるだけなんだ。



好きで「年上」にも、「年長」にもなりたいわけじゃないのに。











バイトで働くこと自体もそう。
わたしは、いつまでも甘えていたいのに、
いつまでも、「先輩」になんてなりたくないのに、

時間は待ってくれなくて。
次の春から、嫌でも「先輩」「お姉さん」の立場にならなきゃいけない。
弱音とか、ますます吐けなくなる。
いつでも、「頼りになる強い存在」でいなきゃいけなくなる。
常に、張り詰めた気持ちのままでいなきゃいけなくなる。
常に、「お手本」という言葉と、「責任」という言葉がつきまとう。


でも、自分自身実際
人に興味なくて、人に物を教えるのも好きじゃなくて、好きじゃない以前にとても苦手で、

それに、多分今現在もほかの子は気づいてるけど黙ってるのだと思うけど、
わたし、とても要領悪くて物事をやる効率が悪いんだ。
ぶっちゃけ「使えない」んだ。

あと、これは女の子にしか感覚が分からないかもしれないんだけど、
私は実際、昔からいわば「地味系」で、
女の子たちの派閥の中では、男の子には感覚が分からないかもしれないけど、
いわば『支配される側』の人間だったんだ。
それなのに、今も現段階でそうなんだけど、
今私の”下”にいる子は、後輩の子は、
いわば「キャピキャピ系」というか、要領のいい小悪魔系というか、
『支配する側』の子たちなんだ。
最近入った子なんてもっともいい例。もしあの子が年下じゃなくて同年齢だったとしたら、絶対にそりに合わなかったしむしろ指図とかバンバンされたりいじめられたりしそう。

ともかく、

今は一応年齢的に立場が上だから「慕う」素振りはしてくれているけど、

上に立つだけの実力が伴ってないから、多分裏ではいろいろ言われてて、散々なことになっていると思う。



それなのに、
上に立たなきゃいけないの…。
「しっかり」していなきゃいけないの…。
ますます「大人」でいなくちゃいけないの…。





あとね、
実力伴ってないのに、
私は今もそうだけど、ほかの子よりもお給料を少しだけ時給多くもらってるんだ。
だけど、『使えない』。
『使えない』どころか、最近は12月の飲み会の一件で、私のバイトに対する熱意やモチベーション・店長に対する信頼する気持ちがなくなって来ていて、ただでさえ飲み会のときの言われてたけど「融通利かない」「ややこしい」のに最近は店長にはもっと嫌われる人間になっていると思う。
バイトもポンポン休みいれるようになったしね。入ってって言われても入らないしね。
『使えない』私の、唯一のとりえだった「ひたむきさ」も・「やる気」も・「熱意」も、みんな無くなっちゃった。
今もそうだし、これから先になれば就活とか教育実習とかでますますだめになっていくと思うけど、
「たくさんバイトに入ってくれる」っていうポイントも私には無くなってしまった。
私の2年前がそうだったけど、それができるのは、新しい1・2年生の子だけだよ。


「使えない」のに、「年が上」というだけでお給料ばかりがかさんで、
融通利かなくて、可愛げなくて、頑固で、躁鬱激しくて、わがままで、
『要求』ばかりいっちょまえにするだけの『お局』なんて、

要らないでしょう・・・・?




私がいる意味ってあるのかな。
私がいていい理由ってあるのかな。

私なんていてもいなくても、一緒なんじゃないのかな。
むしろいないほうが、いいんじゃないかな。



そう思うんだ…。













こんなこと言っても意味ないけど、

昔は本当によかったな…^^;

1年半前に戻れたらよかったのに…。




1年半とか2年前だったら、
何にも考えなくてよくて、難しい悩みも何もなくて、
店長が私のこと好きじゃなかったこととかも知らないままで済んでて、
ただひたむきに、バイトを愛する気持ちだけで、前向きにがんばってこれた。
あのときはバイトが本当に楽しかった。
毎回バイトが楽しみで楽しみで、シフト開始時間の20分前までにはぜったい来てて、シフトはいるときもあがる時も、サービス残業とか好きでしまくってたくらいだった。

私のことを守ってくれる先輩がいて、誘導してくれる先輩がいて、まるで私を本当の妹みたいに大切にしてくれて扱ってくれる先輩がいた。
仲良くしてくれる同期の女の子がいて、私がいつまでも『研修中』のプレートが取れないのをずっと心配してくれてて、
飲み会で居場所がなくて肩身狭い想いをしてる私をいつでも気遣って輪の中にいれてくれる先輩がいた。

私に仕事を教えてくれたり応援してくれるやさしい「メガネの先輩」がいて、その人を、私は愛していた。その人のことを考えているだけで幸せだった。

私のことを気に入ってくれて、いつも冗談言ったり私に構ってくれる男の先輩がいた。
その先輩は、”●●”(=私のこと)研究中。ぽんぽこぽーん”って書いたプレートを自分の胸につけて
働いてくれたりしたっけ^^
本当に、毎日楽しかったな。


あの日々が、ずーっと続けばよかったのに。



いまはもう、そんな楽しい日々もなくて、

いまはもう、そんな私を助けてくれる人もいなくて。




あるのは重い「現実」と、いらない「立場」と、苦しいほどの「責任」だけ。





もうやだな。


つらいな。






すべてを捨ててしまいたい。





全てを投げ出すことができたら、全てをリセットしてしまうことができたら、


どんなにいいだろう?










せめて今の恋だけでも、



自分の心を全て捨てて灰にすることができたらな。

いいのに。




















ごめんね。



また精神状態がおかしくなってきたから、終わるね。




●もうひとつの「Pray」と、最近のわたし














さいきんは、この気持ちで、心奮い立たせてバイト行ってる。

kisuhagu1.jpg










でもね、

・・・






kisuhagu2.jpg













◎「腐」というかオタク的観点で自虐的に曲を選んでみる。




しゅ、出典はともかくとして、曲はセフセフだとおもうからさ!!

え?これをセフセフとか行ってる時点で自分がNG??




どうみてもアウトです。

本当にありがとうございました。






心境的に、カイトの「○○ばいいのに」(←一応伏せとく;)のPV貼らなかっただけでも許してください…OTZ
恋愛ごとだけじゃなくても、最近いろんなことに疲れてて精神がいろいろマズいんです…orz




次書く記事は、学校のこととかもっと他の楽しかったことを書きますね;

あと、一年くらいまったく描いてなかったけど、
いまCGイラストを完成に向けて頑張っているので、次回辺りにブログに載せますね。
今塗ってるのは、一年放置してた巫女風の女の子のカットです。
スポンサーサイト
* Category : 雑記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by nishi
ゆづきさんが描く絵好きだから、
楽しみにしているね。

Re: No title * by ゆづき鴬李
ありがとうございます(^-^)
ちょっとがんばってみますね^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。